意外と狙い目!「同い年の男性」と結婚するメリット4つ




学生のころは同い年の彼氏って、いたって普通でしたよね。先輩と付き合っていると、周囲から羨望の眼差しを向けられたりしたものです。しかし社会人になってからは年齢が違うカップルが多数派になり、同い年のカップルのほうが珍しくなります。
しかし笑いの絶えない結婚生活を希望するなら、同い年の男性との結婚はおすすめですよ!

同い年同士の結婚のメリット

(1)感覚や価値観が似ている

「仕事や家庭の環境に対する感覚が似ているので、あまりケンカになりません」(34歳/フリーランス/女性)

▽ 感覚や価値観というのは、年齢差によるギャップが生まれやすいもの。たとえばひと昔前の男性には、「男は仕事に全力を出すために、ある程度は家庭を犠牲にすることも厭わない」という感覚の人も多くいました。しかし今は、そういう人は減っていますよね。世代間での感覚や価値観のズレが生じないことは、共同生活を営む上でラクです。

(2)いい意味で対等かつ平等

「話し合いや意見交換がしやすいのはメリットだと思います。年齢差があると、お互いにそれを気にして、多少なりとも配慮が必要なので」(30歳/保育士/女性)

▽ 子どものこと、仕事のこと、親の介護や親戚付き合いのことなど、結婚をした後は夫婦で話し合って方針を決めなければならないことがたくさんあります。話し合いの際、対等な関係で意見交換をすることができるのはいいですよね。

(3)お互いの友だちとの交流が気楽



「旦那の友だちと付き合うのはけっこう大変だと聞きます。でもうちの場合は、同級生なのでその辺りは気がラクですね」(32歳/編集/女性)

▽ お互いが同い年ということは、お互いの友だちの年齢も同じであることがほとんど。なにかしらの共通点があると仲よくなりやすかったりしますが、年齢が同じというだけで急に親近感が沸くから不思議です。

(4)「懐かしい」と感じるものが同じ



「懐かしい話題で盛り上がることが多いですね! 懐メロが流れてきたりすると、なおさらです」(27歳/不動産/女性)

▽ 大人になるとノスタルジーに浸る機会も増えたりします。「あのころ、これがはやっていたよね!」なんて懐かしい話題で盛り上がれるのも、同い年夫婦ならではのメリット。ふと昔を思い出したときの話題がリンクする感覚って、いいものです。

楽しみながら夫婦生活を営める

「頼りがい」という意味では、年上の夫と比べると多少低いかもしれません。また「かわいさ」の面においては、年下の夫のほうが断然上でしょう。
しかしながらいい意味でラク、そして対等な関係を築きやすく、また楽しみながら愛を育んでいけるなど、同い年の夫をもつメリットって意外とあるものですよ。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ