好きじゃないんだけどな…本命以外と【付き合わない方がいい】理由って?

ハウコレ



あなたは、特定の相手がいない時、それほど好きでもない人と付き合うことはありますか?難しいことは考えず、できるという人は、最終的に相手の男性、そしてあなた自身も苦しめることになるかもしれません。好きでもない男性と付き合うことで、起こり得る予期しない罠について4つのことをお伝えしようと思います。

■彼の好意に耐えられなくなる
あなたにとって、暇つぶしの相手だったとしても、相手の男性にとっては、世界を意味しているかもしれません。温度差の違いは、不幸を招く元になります。最悪のケースのひとつとして、相手の男性の執拗な求愛から逃れられず、ストーキングに悩まされる場合もあります。あなたが彼に恋をする可能性があると感じない限り、恋愛関係に突入しないでください。

■恋をしているふりをするのはきつい
好きでもない人に、恋愛感情があるかのように振る舞うことは空しく難しい行為となるでしょう。同時に、間接的に人を騙す行為は、相手に失礼であるばかりでなく、相手の男性を深く傷つけることになります。空虚を埋めるためだけの付き合いをするくらいなら、彼氏いない歴を更新するほうを選びましょう。

■彼にキスができない
いずれ彼から身体的接触を求めることもあるでしょう。手をつなぐくらいはできたとしても、好きでない人とのキスは、おそらくあなたの体が拒否するはずです。もっと愛情を示さなきゃ、と自分に言い聞かせても意味がありません。あなたの体が「ノー」と言うからです。また、それはあなたが努力してどうにかできることではありません。あなたが本当に彼を傷つける前に、言い訳をしてでも、関係から抜け出してください。

■本当に好きな人と付き合うチャンスを失くす
当初の意図に関係なく、付き合っているという事実があるため、本当に好きな人ができても、「じゃあね」と言ってさっさと別の人に乗り換えるというわけにもいきません。割り切ってできる人もいるでしょうが、恋愛関係もまた人間関係のひとつ。少しでもかかわった人には、人として常に誠実でありたいですよね。本当の恋愛を掴めそうな時に、好きでもない人との恋愛ごっこが足枷になるとしたら、残念ですね。

■まとめ

一時的に寂しさを紛らわせるためだけに、好きでもない人と付き合っても、いろいろと問題が出てくるようです。問題を複雑にするくらいなら、一人の時間を楽しんで、いずれ出会う『本命』のために、自分磨きをした方がいいかもしれませんね。特に真の愛と白馬の王子を信じるなら、人生を迂回しないようにしてください。(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ