新ドラマ『天国と地獄』第1話のあらすじは?”綾瀬はるか”を演じる”高橋一生”がスゴい!

#ドラマに恋して


※画像は『天国と地獄~サイコな2人~』公式サイトのスクリーンショット

 

高橋一生さん、綾瀬はるかさんが入れ替わる!? てことで開始前から話題となっていたドラマ『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系、毎週日曜よる9時)。ついに1月17日よりスタートしました。

 

『天国と地獄~サイコな2人~』ってどんなドラマ?

『JIN-仁-』や『おんな城主 直虎』、『義母と娘のブルース』を手掛けた森下佳子さんによるオリジナル脚本『天国と地獄~サイコな2人~』。綾瀬はるかさんは日曜劇場では初の主演となります。

 

綾瀬はるかさんが演じる望月彩子は、警視庁捜査一課に所属する女刑事。努力家で正義感が強いため、すぐに間違いを正そうとし「~~すべき!」とお説教をする性格から、”ベッキー望月”と呼ばれ周囲に煙たがられている。実は彩子は一度大きなヘマをしていたこともあり、手柄を挙げようと焦っていました。

そんなある日、遺体の口の中にパチンコ玉が詰められている猟奇的殺人が発生。残酷な殺人の割に掃除をしたばかりのよう清涼感がある現場に彩子は違和感を持ちます。

清掃に使われていたのは創薬ベンチャー企業、コ・アース社の業務用特集洗浄剤。コ・アース社を訪れた彩子は社長の日高陽斗(高橋一生さん)に疑惑の目を向けます。

次々と出てくる、日高を犯人だと現す証拠。彩子は日高に自首するように説得を試みますが、揉み合っているうちに階段から2人一緒に転げ落ち……まさかの事態に!?

 

彩子の同居人の渡辺陸に柄本祐さん、彩子のバディで後輩の八巻英雄に溝端淳平さん、何かと彩子と対立する警視庁捜査一課主任・河原三雄を北村一輝さんが演じます。

奄美大島に伝わる「本当は月は太陽に、太陽は月になるはずだった」という「月と太陽の伝説」をモチーフとした今作。体が入れ替わってしまった日高と彩子の運命は……。そんな『天国と地獄~サイコな2人~』の第1話はどうなったのでしょうか。あらすじなどをご紹介します(ネタバレ注意)。

 

 

ネタバレ注意!第1話のあらすじは?

警視庁刑事部捜査第一課の女刑事・望月彩子(綾瀬はるかさん)は正義感が強く、ちょっとでも不正を発見すれば先輩刑事にも遠慮なく噛みつくほど。しかしながら所内ではまだまだ下っ端であり、雑用を任されるなど悶々とした日々を送っていたが、ある日猟奇的ともいえる殺人事件が発生、手柄をたてようと張り切って現場に赴いた。

 

現場には数多くの謎が残されていたが、彩子は独自に部屋内が特殊な洗剤で掃除されていることを見出し、洗剤の製造元(コ・アース社)に聞き込みをしに行くこととなる。同社の社長である日高陽斗(高橋一生さん)とは通勤中の電車内で面識があり、聞き込みもスムーズに進んだが、日高の証言に穴があることやアリバイの曖昧さがあることを見抜き、容疑者の一人ではないかと疑念を抱く。この顛末を管理官である五十嵐公平(野間口徹さん)に報告するが、五十嵐は捜査を彩子の先輩であり、犬猿の仲でもある主任の河原三雄(北村一輝さん)に任せると決定。納得のいかない彩子は独自に日高の調査を進めていった。

 

河原と彩子はそれぞれ独自路線で事件当日の日高の足取りを解明していき、そしてついに上層部から日高に対する「ガサ入れ」命令が下るが、手柄は結果的に河原のものとなり、彩子は失意のどん底に陥る。

 

しかしその日(ガサ入れ前日)の夜、決定的な証拠をつかんだ彩子は日高に自首させて手柄を取り返そうと直談判に臨む。間もなく日高を見つけ追跡を開始した彩子は、街中の歩道橋の上で日高と対面。会社への影響を最小限にし、罪を少しでも軽くするためには自首したほうが良い、と説得する彩子だが、のらりくらりと交わす日高ともみ合いになり、2人とも階段から転落。意識不明のまま病院に運ばれた。

 

目を覚ました彩子は自らの身体の異変に気付く。鏡に映したその姿は、何と日高のものとなっており、突然の出来事に唖然とするばかり。日高も自分の身体が彩子になっていることに気づくが「私はどこまでついてるんですかねぇ」とほくそ笑む。

 

魂が入れ替わり、(日高の身体となってしまった)彩子は殺人事件の容疑者として追われる立場となり、そして(彩子の身体となってしまった)日高は「圧倒的な強者は私です」と彩子に対し勝ち誇るのであった。

 

入れ替わりは日高の思い通りだった?

「手柄を挙げてみせる」と意気込む彩子の姿は、見ているだけでもハラハラするもの。やりすぎというよりは暴走気味です。諌める八巻は常に眉がハの字。普段、どれだけ彩子に振り回されているのかが分かります。

正義感あふれる役どころ……の割に、知り得た情報を上に上げない、捜査会議はサボるというのは少し気になるところ。犯人を捕まえるかどうかはもはやどうでもよく、とにかく自分が手柄を挙げることが第一。ポツリと漏らした「猟奇殺人でも起こらないかなあ」という言葉にそんな気持ちがにじみ出ていると言えます。

 

勇み足気味に日高の元を訪れた彩子。日高は警察しか知り得ない情報をポロリと漏らし、彩子から疑いの目を向けられることになります。しかし、そのあとの余裕な様子を見ていると、それはわざと……?

 

2人が入れ替わる直前の日高の行動はまるで彩子を誘っているようです。そして月を何度も見上げたり。彩子と日高の身体が入れ替わり、慌てふためく彩子(見た目は日高)に対し、日高(見た目は彩子)は「なんて運がいいのか」と微笑みます。

もしかして、日高は「入れ替わる可能性」にかけていたのでしょうか……。そんなことある!?

 

 

中身が“彩子”な“日高”を演じる高橋一生さんがスゴイ

「見た目が高橋一生で中身は柴咲コウ」という役どころを昨年『今だから、新作ドラマ作ってみました 転・コウ・生』(NHK総合)で演じている高橋一生さん。その際の脚本も森下佳子さんによるものでした。柴咲コウさんになる高橋一生さん、はたまた猫になる高橋一生さんが見られてなかなかの衝撃だったわけですが……今回も、スゴイです。

 

ベッドで目覚めた彩子(見た目は日高)。もうその瞬間から表情は彩子。自分が発した声に驚き、喉仏をそっと撫でる。そして鏡を見て……。パニック状態ながら、日高が犯人であるという証拠を見つけますが、迫られたのは日高(見た目は彩子)の言う通りに動くかどうか。

そんな彩子(見た目は日高)を際立たせるのが綾瀬はるかさんの演技です。八巻の前でも、オリジナルの彩子の言動を真似ようともせず「月のせいでしょう」と微笑むだけ。確かに、入れ替わると「その人のフリ」をしようとするのは当然の流れですが、彩子でありながら、所作は日高のまま……というのが一番スムーズなのかもしれません。協力するか否か彩子(見た目は日高)に迫る姿も圧巻でした。あんなに恐怖を感じる壁ドン、今までにあったでしょうか。

 

心と身体が入れ替わり、追い詰められた彩子。彼女が選ぶ道とは……今後の展開が楽しみで仕方有りません。

 

 

どうなる第2話!?

日高に迫られ、容疑を晴らすことに渋々承諾する彩子。
身体が入れ替わったとしても、同居人の陸は気がついてくれるはずだと信じていましたが……。

入れ替わった2人のこれからはどうなるのか……。第2話、要チェックです。綾瀬さんと高橋さんの演技も大注目ですね!

 

 

見逃し配信サービスも!

第1話を見逃したという方は民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で無料で配信。さらに『TBS FREE』でも期間限定で無料配信をしていますので、この機会をお見逃しなく。また『Paravi』でも配信(有料)しておりますので、そちらでもどうぞ。

民放公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』

『TBS FREE』

『Paravi』

 

※本記事内のTwitterやInstagramは、埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ