「私の日記であり、これからずっと残り続けていく記憶」Interview with Victoria Monét

NeoL



これまでそうそうたるミュージシャンに楽曲提供、アリアナ・グランデへの提供曲ではグラミーにノミネートされた経歴を持つ、米カリフォルニア出身のVictoria Monét (ヴィクトリア・モネ)。2020年8月には初フル・アルバム『Jaguar』をリリースした。アリアナとの共演曲「MONOPOLY」などを収録、エッセンシャルなR&Bフレーバーと、シルキーなヴォーカルを駆使し、官能的でありながらもジャガーのような眼光の鋭さを感じるサウンドが幅広いリスナーを魅了している。年末には本作を再構築した作品『A Jaguar Christmas: The Orchestral Ar-rangements』を発表した彼女。作品の聴きどころはもちろん、彼女の内面にも迫った日本初インタビューが実現した。(→ in English)

――まずはあなたの音楽キャリアを教えてください。どういうきっかけで、ミュージシャンを志したのですか?

Victoria Monét「私は、純粋に自分自身の情熱に従っているだけの人間。ここにいるのは、自分の好きなこと、やり遂げたいことをするためなのです。自分の意志と、自分や他の人に幸せをもたらすものを強く信頼し、それが人生をナビゲートしている。私にとって、幸せ、癒し、そしてレガシーは音楽をパフォーマンスすることから生み出されると思っています」

――どんなミュージシャンから影響を受けましたか?

Victoria Monét「たくさんあります。シャーデー、ジャネット・ジャクソン、アース・ウィンド・アンド・ファイア、ビヨンセ、ミッシー・エリオット、アリーヤ……。そしてミュージカルのサウンドトラックなどですね」

――2015年にデビューEP『Nightmares & Lullabies Act 2』を発表。当時の心境はどんなものでしたか?

Victoria Monét「当時、私は別のレーベルと契約していましたが、そこは私のことを見ていなかったし、気にもしていなかったのです。『Nightmares & Lullabies』は、それに対する反抗的な実験的プロジェクトとしてスタートしました。結果、既成概念にとらわれないサウンドスケープを探求するきっかけを与えてくれたのです。当時の私には、アーティストとしてのブランディング、独自のサウンド表現を確立していなかったので、このプロジェクトは私にとって非常に自由なものに感じられました。このプロジェクトによって、自己発見することができた気がします」

――また、この作品を発表後には、Fifth Harmonyのオープニングアクトも経験していますね。その経験は、今にどう生かされていますか?

Victoria Monét「このツアーでは本当に多くのことを学びました。マネージャーもレーベルもなく、自分のお金と音楽だけが手元に残っていた。だから、ここでツアー・マネージャー、投資家、ブッキング・エージェント、グッズ制作者、ディストリビューター、ビジネス・マネージャーなどたくさんの役割をこなしたのです。そのおかげで、自分のチームを作る余裕ができた現在では、それぞれのスタッフに対し、何を期待すればいいのか、そして最も重要なこととして、何に感謝すればいいのかをしっかり理解することができました」

――さらに自身の音楽活動だけでなく、Nas、Ariana Grande、Fifth Harmony、Chloe x Halle、T.Iなどそうそうたるミュージシャンに楽曲提供もされていますね。

Victoria Monét「ソングライティングは、素晴らしいアーティストの手に渡るかどうかに関わらず、自分がやるべきことだと思っています。それは本当に自分自身を表現したり、自分の人生を記録したり、誰かの想像していることを記録したりするための方法です。特に、自分のために作った楽曲には、最もワイルドな創造的な夢と、最も親密な物語が込められている。私の日記であり、これからずっと残り続けていく記憶になると思います」

――ソングライターとしてこだわる部分は何ですか?

Victoria Monét「私がこれまでのキャリアで学ぶのに時間がかかったことのひとつは、フックやコーラスの作り方。以前は、非常に直線的かつポエティックに描いていたのですが、逆にそれが損になっていたこともあった。リスナーは、想像の世界の中で迷子になってしまい、タイトルすら覚えていないこともありましたから。でも今の私は、曲を通じて何が言いたいのか、伝えたいのかということをじっくり自問自答することで、よりシンプルで記憶に残るフックを残すことができるようになれたと思います」

――そして20年に初アルバム『Jaguar』が完成。このアルバムでは、どんなあなた自身を表現しようと思って制作しましたか?

Victoria Monét「これは、私の最も正直で、何のフィルターも通していない、ありのままの自分の分身のような作品。時に、熟慮させてしまうフレーズもあるのかもしれませんが、紛れもなくこのアルバムは私の<鏡>なんです」

――サウンドは70~90年代のソウルやディスコ、R&B、ニュージャック・スウィングなど、ビンテージ感のあるサウンドを多用している印象ですが、そういった要素を取り入れた訳は?また、どうあなたらしく表現しようと思いましたか?

Victoria Monét「ありがとうございます! シンプルに私の好きなものをすべてミックスしたら、このサウンドに仕上がったというか。まるでキッチンにいるような感覚で、すべての食材が自分の好きなもので構成されているような、オーダーメイドの料理を調理しているような作業だったんです」

――ウイスパーな歌声は、90年代のブランディやジャネット・ジャクソンを連想させる、シルキーな雰囲気を漂わせていますね。ヴォーカリストとして、大切にしていること。どんな個性を表現したいと思っていますか?

Victoria Monét「本当にありがとうございます! 自分の音楽表現において最も大切にしているのはヴォーカルなので。世の中には、技術的には優れていて、アクロバティックな声の動きが印象的なシンガーもいるかもしれませんが、声のトーンがピンとしていたり、冷たい印象を与えることがある。それを耳にしたリスナーの中には、長く聴きたいとは思わない人もいるはず。私は、何百万回もリフを歌って、薄っぺらい音を出すよりも、一音一音をまっすぐに歌って、温もりが伝わってくるトーンにしたいと思っているのです。シャーデーのような質感ですね」

――歌詞については、どんなトピックを扱ったものが多いですか? とても官能的でありながらも、人生に輝きを与えるような光を感じさせる楽曲が多い気がしましたが。

Victoria Monét「すべて私の人生経験からヒントを得たものばかりです。まだまだ伝えたいことはたくさんありますからね!」

――この作品ではAriana Grandeとのコラボ曲「MONOPOLY」、Khalid とSG Lewisが参加した「Experience」も収録。彼らとの共演はどうでしたか?

Victoria Monét「私は本当に彼らのことが大好きです。みなさん、とても才能があり、大成功しているのにもかかわらず、新しいアーティストと共演するスペースを与えてくれる。私はいつもそのことに感謝しています」

――すでにこのアルバムが発表されて半年近く経過しています。世界から様々な反響が届いていると思いますが、とても印象的だったメッセージはありましたか?

Victoria Monét「たくさんの素晴らしいコメントをいただいて、自分の音楽が多くのリスナーの方々の人生のサウンドトラックになる様子をうかがえることができて、本当にうれしかったです。きっとこれらの楽曲は、何年後か先に、どういうことを経験していたか、どんな場所でどんな人と向き合っていたのかを、思い起こさせてくれる装置になってくれるのでしょう。私にとってのモータウンやスローバックのレコードのような役割ですね。つまり、この作品は時空を超えて旅をして、私が死んだ後もずっと生き続けるでしょう。これはとても幸せなことです」

――改めて、あなたにとって『Jaguar』はどんな作品だったと振り返りますか?

Victoria Monét「新しい始まりを生み出せたというか。より大きく素晴らしい人生の新たなフェーズ、次のプロジェクトに向けたアイデアを導き出してくれました。私の愛おしいベイビーと言える存在ですね」

――そのアルバムが先日オーケストラ・アレンジで再構築され『A Jaguar Christmas: The Or-chestral Arrangements』として発表。このアルバムの聴きどころを教えてください。

Victoria Monét「この作品は、歌詞やメロディがとても印象的な仕上がりなので、その良さをオーケストラのダイナミックなアレンジにしてみなさんにプレゼントとして届けたいと思ったのです。また、私はストリングス・アレンジが大好きなので。それを多くのリスナーの方も気に入ってくださった様子で、全米の配信クラシック・チャートで1位を獲得することができました。これからもたくさんのリミックスを発表したいですね。みなさんの想像の上をいくようなものを届けたい。私はサプライズをするのが大好きなので!」

――2020年は、新型コロナの影響もあっていろんなことを経験できた1年だったと思います。振り返ってみて、何か収穫はありましたか?

Victoria Monét「2020年は私たちに考える時間を与えてくれた。しばしば私たちは働き過ぎを美徳のように思いがちですが、 この1年は多くの人がその選択ができなくなった。私たちは時間をかけてこれまでの生活を見直し、自分たちにとって大切なもの、本質を見いだす作業を余儀なくされた時間だったと思います」

――2021年はどんな1年にしたいですか?ミュージシャンとして目標があったら教えてください。

Victoria Monét「謙虚であることを心がけたい。たとえ大きなプロジェクトを企てても、世界を変えてしまうことが起こる可能性もあるんだということを肝に銘じておきたいと思います。なので2021年は、何が来ても来なくても、幸せと心の健康を大切にしたいですね」

――音楽だけでなく、ファッションやライフスタイルなどを通して、あなたが世界に発信したい「自分像」はありますか?

Victoria Monét「私は、他人が自分のことをどう考えているかを気にしないようにしています。それよりも、自分の内面、自分に正直で誠実であるかということを重視している。他人の視線を気にして自分を左右させたくはないですね」

――次の新曲の予定は?どんな雰囲気の内容になりそうですか?

Victoria Monét「新曲の準備は万端です。実は、妊娠中にミュージックビデオを撮影していました。皆さんに見ていただくのが待ちきれないですね。ご期待ください」

――日本の印象は?来日したことはありますか?

Victoria Monét「まだ行ったことがないのです。近いうちに必ず来日したい! 日本については、さまざまな情報をもらっていて、とってもゴージャスな場所という印象。特に、有名なアミューズメント・パークに行ってみたい。また自分の成長のためにも、日本の文化に触れてみたいと思います」

[caption id="attachment_102549" align="alignnone" width="650"]

Apple IS&S Marketing, Platoon Victoria Monet in Marfa, Texas. Photographed October 6, 2019 by Micaiah Carter. �Apple 3 year worldwide buyout ends October 6, 2022.[/caption]

text Takahisa Matsunagaedit Ryoko Kuwahara


Victoria Monét 『Jaguar』


Victoria Monét 『A Jaguar Christmas: The Orchestral Arrangements』

https://www.instagram.com/victoriamonethttps://twitter.com/victoriamonethttps://facebook.com/VictoriaMonet


――First of all, please tell us about your music career. What made you want to become a musician?

Victoria Monét : Im really just a girl following her passion. I am here because its absolutely what I love to do and I strongly rely on my will and what brings me and others happiness to navigate through life. For me, happiness, healing and legacy is in performing arts.

――Which musicians have influenced you?

Victoria Monét : So many! Some I can name are Sade, Janet Jackson, Earth Wind and Fire, Beyonce, Missy Elliott, Aaliyah and the soundtracks to musicals.

――Eventually, you released your debut EP "Nightmares & Lullabies Act 2" in 2015. What was your state of mind at the time?

Victoria Monét : I was signed to a label at the time that didn't see me or care to. Nightmares & Lullabies was a rebellious experimental project that gave me my first chances to explore soundscapes with no pre-conceived boundaries. I hadn't established any brand or identifiable musical sound as an artist yet, so this project felt very free to me. I think this project was a huge part of my self discovery.

――You also performed as the opening act for Fifth Harmony. How has that experience shaped who you are now?

Victoria Monét : I really learned sooo much opening on this tour. I had no manager, no label and just my own money and resources at hand. I became my own tour manager, my own investor, booking agent, merch creator, and distributor, business manager and more. It allowed me to play every position first hand so that when I was able to afford myself a team, I better understood what to expect of each person, and more importantly, what to be thankful for!

――In addition to your own musical activities, you have also written songs for many musicians such a Nas, Ariana Grande, Fifth Harmony, Chloe x Halle, and T.I. Is there anything that has inspired you to become a songwriter?

Victoria Monét : I view songwriting as something that I would do whether or not it landed in the hands of these amazing artists. It’s really just a way I express myself and document my life or what im imagining of someone else. Songs hold my wildest creative dreams and most intimate tales. It's my diary and as long as I live, there will be songs.

――What are some aspects you particularly pay attention to as a songwriting?

Victoria Monét : One thing that took me a while to learn is how to write a hook or chorus. I used to write very linear and poetically and sometimes it was to my detriment. People would get lost in the analogies and never remember the title. Now, I ask myself "What is the point? What is the summary of what you want to say?" and this helps me write more simple and memorable hooks.

――And your project "Jaguar" was completed in 2020. How did you try to express yourself in the making of this album?

Victoria Monét : “Jaguar” is my most honest and unfiltered expression of self. I still decorated my lyrics with phrases that can make you think twice, but ultimately Jaguar is a mirror of mine.

――The sound of your music is impressive, with a vintage feel of 70's~90's soul, disco, R&B, new jack swing, etc. Why did you incorporate these elements?

Victoria Monét : Thank you! I think I just mixed together all of the things that I love. It was like being in the kitchen and making a custom meal where every ingredient is something you just cant go without. That’s Jaguar for me.

――Your voice has a silky quality to it, reminiscent of the 90s. What is important to you as a vocalist? Is there anything that you pay attention to in the personality you want to express?

Victoria Monét : Thank you so much! For me, tone is something I value as a vocalist. I think this is the most grasping part of someones vocal. You can be technically skilled and do impressive vocal acrobats, but if the tone of your voice is pingy or cold, chances are people wont want to listen for long. I would rather sing one straight note and have a warm sultry air in tone, than do a million riffs and sound thin. This is one reason why I love Sade so much!

――As for the lyrics, it felt that many of the songs are very sensual, but also give a glowing light to life. Was there anything in particular that inspired you?

Victoria Monét : All of my lyrics on Jaguar were very much inspired by my life experiences. There is still so much to say!

――You’ve worked with various artists such as Ariana Grande on the song "MONOPOLY" and "Experience" with Khalid and SG Lewis, but how was it working with them?

Victoria Monét : I absolutely love them! I think they are so talented and gracious to share space with a new artist after their massive successes. I will always appreciate that.

――It has been more than three months since this album was released. I'm sure you've received various responses from around the world. Are there any messages that have particularly touched you?

Victoria Monét : I just really love seeing my music be the soundtrack to peoples lives. Certain songs of mine will forever remind people of experiences they have had, where they were, what mood they were in while listening etc. That’s what Motown and throwback songs do for me and thats what I love to see my music do for other people. It travels with us through time and space and will live on long after I am gone. That makes me so happy

――Looking back, what does your work “JAGUAR” mean to you?

Victoria Monét : It represents a new beginning, a bigger better chapter, growth, an alter ego, and a hungry unapologetic spirit. It’s my baby and it means everything.

――That project was recently reworked with orchestral arrangements and released as the Christmas album "A Jaguar Christmas: The Orchestral Arrangements". What are the highlights of this album?

Victoria Monét : Since my music is so sexually dynamic lyrically, I wanted to step into a clean orchestral dynamic. I love string arrangements so very much, and it felt like the right gift to give to Jaguar superfans. I loved mixing it up and doing things people woudn't necessarily expect of me, so to crossover into a classical genre and go number 1 on the Classical Apple Charts in the US meant the world to me!

―― I think 2020 was a year in which you experienced many things, partly because of Covid. Looking back, what did you gain from 2020?

Victoria Monét : 2020 gave me time! It gave the world some time. Often we glamorize being overworked and this year took that option off the table for a lot of us so we were forced to take time and re-evaluate some other things that matter to us beyond what we do for a living.

――What kind of year do you want 2021 to be? Do you have any goals as a musician?

Victoria Monét : Based on 2020, I better humble myself and keep in mind that though we may have big and thorough plans, things can change your world. So this year, my goals are based on happiness and mental heath no matter what comes or doesn't.

――Do you have an "image of yourself" that you would like to convey to the world, not only through your music, but also through your fashion and lifestyle?

Victoria Monét : I try not to focus on the image people will take of me. I am more concerned with my inner work and what feels honest and true to self. The opinions of others are to be considered only by them.

――Do you have any plans for your next new song or piece? If so, what kind of atmosphere do you think it will have?

Victoria Monét : Yes I do. I actually filmed the music video while almost 8 months pregnant and I cant’t wait to share so please stay tuned.

――Do you have any impressions of Japan? Have you ever been to Japan?

Victoria Monét : I haven't been yet, but I can not wait to visit! I hear so many great things and from what I've seen on pictures, it is such a gorgeous place! I also hear Tokyo Disney is the best! Im excited to travel and experience Japan for myself.

[caption id="attachment_102549" align="alignnone" width="650"]

Apple IS&S Marketing, Platoon Victoria Monet in Marfa, Texas. Photographed October 6, 2019 by Micaiah Carter. �Apple 3 year worldwide buyout ends October 6, 2022.[/caption]

text Takahisa Matsunagaedit Ryoko Kuwahara

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ