『チェンソーマン』最終回に登場した“ナユタ”って… 鍵は藤本タツキの読み切り作品にある?

numan


藤本タツキ先生の大人気漫画『チェンソーマン』。第1部の最終回では“ナユタ”という支配の悪魔がお目見えしましたが、いったい彼女は何者?
12月14日発売の『週刊少年ジャンプ』2号にて、第1部の最終回を迎えた『チェンソーマン』。

物語終盤には支配の悪魔“ナユタ”と呼ばれる少女が登場しましたが、じつは……。
『チェンソーマン』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

『チェンソーマン』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

『チェンソーマン』|『ファイアパンチ』の鬼才、新時代を切り開くダークヒーロー漫画で週刊少年ジャンプに初登場!! 騙され借金まみれで、貧乏な生活を送っていた少年デンジ。チェーンソーの悪魔のポチタと共にデビルハンターをしながらどうにか生きていたが、ある日残虐な悪魔に狙われてしまい...!?

ナユタは『予言のナユタ』のセルフオマージュ?

支配の悪魔・マキマの生まれ変わりのような立ち位置で、突如本作に登場したナユタ。

デンジの指導役・岸辺が中国から連れてきたそうで、物語終盤ではデンジと一緒に暮らす姿が描かれていました。じつは作者・藤本タツキ先生の特別読切『予言のナユタ』にも、文字通りナユタという女の子が登場。
同作のナユタは頭に角を生やし、世界を滅ぼす妹として描かれています。
藤本タツキ先生の特別読切『予言のナユタ』本日配信!『ファイアパンチ』の連載前にジャンプSQ.に掲載された読切です。
ツノの生えた、世界を滅ぼすと予言された妹ナユタ。言葉も通じず、悩む兄…。必読の読切を是非~!/林
https://t.co/Kk9ufXLPXA pic.twitter.com/seCacrGwWd
— ジャンプSQ.編集部 (@JUMP_SQ) February 6, 2017ナユタという名前はもちろん、そのビジュアルもそっくり。
他にも“悪魔の子”“世界を滅ぼす存在”などの共通点があることから、ネット上は「ナユタはスターシステム的なやつ?」「完全に『予言のナユタ』のセルフオマージュだよね!?」と大興奮でした。

ほかにも隠されたオマージュが

ちなみに藤本先生といえば、様々な作品のオマージュを多用することで有名。

昨年8月には先生自身が「チェンソーマンは『邪悪なフリクリ』『ポップなアバラ』を目指して描いています」と公言したこともあり、さらに弐瓶勉先生のSF漫画『ABARA』にも“那由多(なゆた)”という女キャラが登場します。すでに第2部の連載が決定している『チェンソーマン』。ナユタはどう物語と関わっていくのか、注目です!
『チェンソーマン』アニメ化で『ドロヘドロ』がトレンド入り!?「先生のコメントで笑うw」「さすがだ」

『チェンソーマン』アニメ化で『ドロヘドロ』がトレンド入り!?「先生のコメントで笑うw」「さすがだ」

2020年12月14日(月)、『週刊少年ジャンプ』のマンガ『チェンソーマン』がTVアニメ化することが発表されました。深夜からTwitterでは関連ワードが次々トレンド入りし、さらにジャンプ本誌では続編が判明…!?

『チェンソーマン』マキマの正体は“ヨハネの黙示録”になぞらえている?

『チェンソーマン』マキマの正体は“ヨハネの黙示録”になぞらえている?

『チェンソーマン』最新刊にて、ついに明らかとなったマキマの正体。じつは最近ネット上では、“マキマ”と“ヨハネの黙示録”を関連づけた考察が囁かれているようです。

当記事はnumanの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ