キスマイ宮田俊哉、国際目標「SDGs」を人気アニメと勘違い!

 

1月14日放送の『キスマイ超BUSAIKU!?』(フジテレビ系)では、Kis-My-Ft2の宮田俊哉が、持続可能な開発目的の略称「SDGs(2015年に国連のサミットで決められた17個の国際目標)」のことを超人気アニメと勘違いした。

 

キスマイ宮田先生の授業はこんな感じ!

今回のキスブサは、とつぜん生徒から難問を聞かれた時にどう対応するか?という抜き打ちテスト。女生徒に「5Gが普及したらどんなことが可能になるんですか?」と聞かれた宮田は「そうだね、ダウンロードとかそういうのがすごく速くなる。すごく精度のいい速い電波があるということは、他にもいろいろ医療機器だったりリモートワークとかもスムーズになったりして、僕たちの暮らしの中ではすごく役に立つことになるんじゃないかな」と丁寧に答える。

 

しかし「SDGs(エス・ディー・ジーズ)って何のことですか?」との質問に「ガンダム?」と答える宮田。固まる女生徒に「あはは!わかんない」と笑いながらも素直に認め、女生徒に「政治の話題って聞いてますけど」とヒントをもらうと「何か会議じゃない?」と答える。さらに「G7とかそういうやつかな?」と言ってみたり「(S)スーパー(D)デジタル(Gs)ジャイアンツ」と意味不明。

 

宮田のVTRを見た審査員のハーフモデルのギャビーは「勉強は分からないにしても楽しいと思えるかどうかっていうところでは、すごいホワッとした感じの空気感は先生として接しやすいなって感じたけど」と宮田を褒めると「頼れる感じじゃなかったな。ガンダムとかもわからないし」と率直に答える。

 

これを聞いた宮田は「やっぱガンダムとかじゃなくて、今だったら(新幹線変形ロボ)シンカリオンそっちに……」と説明するも「わかんないです」と速答され「すみませんでした」と速攻でコメントを引っ込めていた。

※トップ画像は、フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ