ダイソーで見つけたら試したい!「ダイエットに良い100均食材」

ウレぴあ総研

スーパーマーケットのようにさまざまな食品が並ぶダイソーの食品コーナー。お菓子やドリンク以外にも、缶詰やレトルト、乾物、調味料と、和食や洋食などにも合う食材が揃います。

最近では、大麦やおからパウダーといったヘルシー系の食材にも注目!100円なので量こそ少ないですが、日本製、無添加にこだわったものなど品質も悪くないようです。

今回は、毎日の食生活で役に立つ、ダイエット食材を5つご紹介しようと思います。

■ダイソーで買えるダイエットによい食品

■マジックソルト

外食が続くと太るというのは、摂取カロリー以外にも味覚が濃い味に慣れてしまうというのもあります。薄味が味気なく感じられて、満足できずについつい食べ過ぎてしまうんですよね。

なので、おいしいものが続いたら、味覚をリセット!そんなときに活躍するのが、シンプルな調味料。素材の味を引きたてる調味料があると、料理の手間も省けて一石二鳥です。

ダイソーで見つけたマジックソルトは、いくつか種類がありますが、こちらは化学調味料無添加のスパイス&ハーブ塩。

岩塩やホワイトペッパー、パセリ、フライドオニオン、ガーリックなどをブレンドし、卵や魚、鶏肉、サラダなどにかけるだけで、“魔法の隠し味”になります。

■胚芽押麦

普段の白米に大麦や雑穀を混ぜ炊きするだけで、不足しがちな食物繊維やビタミンを補給。100円なら、自分に合うかどうかお試しするのも手軽ですね。

ダイソーで見つけたのは、国産大麦100%の胚芽押麦。胚芽とは芽や根になる部分で、普通の大麦よりも栄養価が高く、食物繊維はお米の約24倍にもなるそう。

さらに胚芽押麦にビタミンB1・ビタミンB2を加えたビタバァレーも。ビタミンB群は糖質や脂質の代謝に関わるので、ダイエットにも欠かせない栄養素です。

なお、ご飯に混ぜ炊きする際は、30分の浸漬時間が必要です。夜のうちにあらかじめタイマーをかけておくといいですね。

■おからパウダー

おからパウダーのメリットは、飲み物から粉物、ドレッシングなどちょい足しするだけで良質なたんぱく質がとれるということ。女性に嬉しい大豆イソフラボンや抗酸化作用のある大豆サポニン、腸内環境をよくするオリゴ糖もとることができますよ。

味噌汁やおからなどの和食からミートソースやパンケーキなどの洋食まで、幅広く使えるのもポイント。

おからパウダーはでサラサラとしていて、小麦粉のようなのですが、ダイソーで見つけたおからパウダーも、微粉末タイプでとてもなめらか。料理に使いやすく、スプーン1杯でレタス約1/2個分の食物繊維がとれるそうです。

■塩麹

ダイエットや美肌によい塩麹。その理由は腸内環境を整えてくれるからです。腸内環境がよいと免疫力アップはもちろん、メンタルにも好影響があるので侮れませんね。

ダイソーで見つけたのは、いかにもおいしそうな五島灘の塩を使用した新庄みその塩麹。

魚や肉、野菜に、和えたり、混ぜたり、漬けたり。塩の代わりに手軽に使うことができます。100gの使い切りタイプ。まろやかな塩味で、素材の旨味を引き出します。魚に漬けるだけで、いつもの魚料理が料亭風に早変わり!

麹に含まれる酵素のパワーは疲労回復にもよいので、体がだるいとき、疲れを感じるときにもいいですよ。

■ココアパウダー

何かと助かるお菓子材料もいろいろあります。

ココアパウダーは、100%純ココア、容量30gとコスパがよい製品。お菓子作りはもちろんですが、この時期、体を温めてくれるホットココアにも使えます。

カカオはポリフェノールを含有し、本来、美容や健康によい食材ではありますが、市販のココアは砂糖&乳製品で飲み過ぎると太りやすくなります。

ココアパウダーを使って、ノンカロリーや甘さ控えめの砂糖、豆乳やアーモンドミルクを加え、自家製のココアにすることも。そうするとぐっとヘルシーになります。



ついつい買ってしまうダイソーの食品コーナーですが、このようなヘルシー食材も選ぶことができます。

おいしく、また使い方も簡単で、手軽にダイエットしたいときにもおすすめです。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ