簡単・時短「腸活スープ」レシピ! 子どもが喜ぶ簡単アレンジも

ウレぴあ総研

冬に美味しいスープ。スープは身体を温めるだけでなく、たくさんの具材を入れられるので、子どもには栄養の面でも積極的に飲ませたいものです。

腸にいいものを取り入れる「腸活」がブームですが、実は、スープでも腸活ができるようなのです。

昨年12月、日本スープ協会がセミナーを開催し、医師による腸活の講義とスープ作家による腸活スープレシピの紹介がされました。

腸活を行うことは、風邪やインフルエンザが気になる季節におすすめだと医師は言います。

今回は、そのセミナーの内容から腸活におすすめの食材と簡単即席スープレシピをご紹介!

そしてハピママ読者のためだけに、スープ作家の方に子ども向けのアレンジ術も教えてもらいました。要チェックですよ!

■スープにも入れたい医師がおすすめする食材とは?

小林メディカルクリニック東京院長で医学博士の小林暁子先生によると、免疫維持のためには「腸内細菌の多様化」が重要だといいます。

その腸内細菌の多様化のために重要となるのが、細菌そのものを摂る「プロバイオテクス」と、細菌のエサを摂る「プレバイオティクス」の両方を摂る「シンバイオティクス」だそう。

例えば、乳酸菌はヨーグルトなどから摂取できますが、同時に、細菌のエサとなるオリゴ糖を摂取するために、ヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べるといった具合です。

さらに食物繊維も重要で、果物や海藻類などに多い「水溶性食物繊維」と、豆類や穀類などに多い「不溶性食物繊維」の両方を摂ることがおすすめだといいます。

腸活というと、ヨーグルトを食べるイメージが強いですが、それだけでなく、いろいろな食材、特に食物繊維が重要のようです。具体的にはどんな食材がいいのでしょうか?

小林先生は、食事で摂取すると「腸活」に良い効果のある食材例として、次のフードを挙げていました。

●穀類 :もち麦・オートミール・チアシード

●野菜類 :ブロッコリー・モロヘイヤ・にんじん・ほうれん草・玉ねぎ・とうもろこし・ごぼう・里芋・にんにく

●きのこ類 :なんでもOK

●海藻類 :わかめ・もずく

●その他 :納豆・豆腐・キムチ・ヨーグルト・桃・プルーン・キウイ・りんご

スープに入れられるものは入れて、具だくさんスープにして食べるのがおすすめだそうですよ。

■即席スープで簡単・時短! 腸活スープレシピ2選

腸活にいい食材を使用したスープとはどんなものなのでしょうか?

スープ作家の有賀薫さんによって紹介された腸活スープレシピの中から、2つをご紹介。市販の即席スープを使ったもので、簡単に、そして時短で作れちゃいますよ!

■1: ざくざくコーンスープ

【材料(1人分)】

  • 「クノール カップスープ・北海道コーンクリーム」 1袋
  • 冷凍コーン 大さじ1~2(お好みの量)
  • 玉ねぎ 1/8個
【作り方】

  1. 玉ねぎはみじん切りにして、耐熱容器に解凍した冷凍コーンと一緒に入れ、ラップをする
  2. 600Wの電子レンジに2分30秒~3分かける
  3. 玉ねぎがしんなりしたら、 カップスープの素を加えて熱湯150mLを注ぐ。味が足りない場合のみ、塩をほんの少々加える
このレシピで使われた腸活にいい食材は、コーンと玉ねぎ。即席スープにプラスすれは、腸活スープになる上に、ざくざく感が増して、食べ応えもアップするそうですよ。

■2: きのこの参鶏湯(サムゲタン)

【材料(1人分)】

  • 「M C C 世界のスープ食堂・もち麦入り参鶏湯」 1パック
  • 好みのきのこ 60g(しめじ・しいたけなど)
  • 酒 大さじ1
  • 塩 ひとつまみ
  • 青ネギみじん切り お好みで少々
【作り方】

  1. きのこは、いしづきを取り、手でさくか細く刻む
  2. 鍋に入れ、酒大さじ1と塩ひとつまみを振って、 弱火で2~3分加熱する
  3. 酒が蒸発し、きのこがしんなりしたらスープを加え、あたためる。好みで青ネギを散らす。

腸活にいい食材は、もち麦ときのこ。もち麦入りの参鶏湯にきのこを加えれば、ボリュームアップ。やわらかい食感でやさしい味わいになるそうですよ。

■子どもも喜ぶ腸活スープのアイデア!

そして今回ご紹介したざくざくコーンスープときのこの参鶏湯に、ちょっとしたひと手間で子ども向けになるアイデアを、有賀さんに教えていただきました。

■1: ざくざくコーンスープには「カリカリトースト」をプラス!

有賀「薄切りのパンをカリカリにトーストして添えてあげると、さらにボリュームが増して、朝ごはんなどにぴったりです」

■2: きのこの参鶏湯には「卵」を入れてかきたま風に!

有賀「最後に卵を溶き入れてかきたま風にすると、やさしい味わいになりますよ」

有賀「今回、ご紹介したレシピは、どれも市販品にプラスα(アルファ)をするというものでした。基本的にはお子さんも十分においしく食べられますが、さらにプラスするなら、これらのようなボリュームを足すアレンジがおすすめです」

このほかにも、冬に家族で食べるスープを作るときのおすすめの調味料として、オリーブオイルとチーズを足して「洋風おじや」にする方法も紹介されていました。

さらに、有賀さんに教わった子ども向けのスープアレンジ術としては、「冷凍野菜をレンジなどで温めて加える」「ポテトチップスや薄焼きのせんべいを割ったものなどを加えて、食感をプラスする」というアイデアも。

ポテトチップスや薄焼きせんべいのアイデア、子どもが喜びそう! ぜひ試してみたいですね。



冬に美味しいあつあつのスープは、腸に良いものを積極的に使用することで腸活ができ、免疫にもいい影響が期待できるようです。

即席スープを使って上手に食材をプラスして、美味しく、家族そろって元気にこの時期を乗り切りましょう!

【取材協力】

小林 暁子先生

医療法人社団 順幸会 小林メディカルクリニック東京 理事長・院長、医学博士

順天堂大学医学部卒業後、順天堂大学総合診療科を経て、2005年にクリニックを開業。内科、皮膚科のほか、便秘外来や女性専門外来を併設。なかでも便秘外来では15万人以上の便秘患者の治療に携わり、高い実績を上げている。20020年よりオンライン診療も開始し、かかりつけ医として全身の不調に対応する。『あさイチ』、『ごごナマ』(NHK)のテレビ出演、講演実績も多数。

有賀薫さん

スープ作家

家族の朝食に毎朝スープを作り続けて約9年、3000日以上になる。雑誌、ウェブ、テレビなどでスープのレシピと暮らしのアイデアを発信。『朝10分でできる スープ弁当』(マガジンハウス)で、2020年料理レシピ本大賞入賞。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ