過去のやり取りにヒントが! LINEで彼の反応が悪いときに試したいこと




いいなと思っている男性とのLINEのやり取り。盛り上がって会える話につながったらうれしいけれど、相手からの返信が来ない、遅い、そっけないなど悩みの種にもなりがちです。
そこで今回は、彼からのLINEの反応が悪いときに試してみるといいことをご紹介します。

時間帯を見直す

LINEの反応が悪いとき、実は送るタイミングを間違えている……ということも少なくありません。彼が返信をくれる時間に、一定の法則がないかチェックしてみましょう。
彼が忙しいタイミングでLINEをすると、「後で返そう」と思って他のことに気を取られたまま忘れてしまい、返すのが面倒になって放置される場合もあります。通勤時間や帰宅後など、LINE以外のことに意識を取られないタイミングを見計らって送るだけでも、返信率が上がりますよ。

返信に頭を使わない内容を意識する



女性とのLINEに慣れていない男性の中には「返信を考えるのが面倒だから電話のほうがいい」「どう返していいか分からなくて何日もたってしまう」という人もいます。
例えば「いつが空いていますか?」と予定を聞く場合に、こちらは軽い気持ちで聞いた内容でも「予定が正確にわからないと返せない」と思ってしまう人もいるのです。
「いつ?」と聞くよりも「○日は空いていますか?」とイエス・ノーで答えられる質問なら、彼も考えなくていいので返しやすくなるはず。質問の仕方を少し工夫してみるだけで、返信が早くなるかもしれません。

自分から送るのをやめてみる

彼が自分からあまりLINEしてこないので、自分からマメに送っている……という人は要注意。彼は「自分から送らなくても来るからいいや」と安心しきっているかもしれません。それが続くと、自分から送るのが面倒になって彼からは何もしてこない関係に陥りやすいです。
彼がLINEしてきてくれる回数と、自分が送っている回数を見比べてみましょう。同じくらいならいいですが、自分のほうが圧倒的に多ければ送る頻度を見直してみたほうがいいです。
あるいは、いったん自分から送ることをやめるのも効果的です。そうなって初めて「いつも彼女から送ってきてくれていたんだな」とそのありがたみに気付く男性もいるからです。「自分ばかり送っている」という状況になっていたら、頻度のバランスを見直してみましょう。

まとめ

彼の反応が気になってしまっているときは、どうしても自分の気持ちのほうが強い状況かもしれませんね。そこで不安や不満を抱えながら待っていると、次のLINEもどうしても重い内容になりがちです。そこで過去のLINEを見直してみるとヒントがたくさん詰まっているはず。LINEの送り方を変えれば彼の反応も変わります。ご紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ