【プロが教える】ダサ見えシャドウが塗り方で激変!垢抜けアイシャドウテク♪

E-TALENTBANK


垢抜けるために試行錯誤しているアイメイク。やるだけやってただ濃くなってしまったり、どこが足りないのか分からない!なんて事ありませんか?今のメイクに満足している方でも、あるポイントを抑えれば一気に顔にハマったアイメイクができます!!わたしが実際にお客様にメイクをして、1番驚かれ、喜ばれたアイメイクテクニックがあります!ある場所をひと塗り!テクニックをご紹介しちゃいます♪

【別の記事】【プロが教える】合わないコンシーラーが塗り方で変わる!?付け方HOWTO

くの字の△ゾーン




上まぶたと下まぶたがつながる“くの字”の粘膜部分!ここをどうメイクするかで目の大きさが変わってきます!

目の形ギリギリを縁取るようにアイラインを引いてしまうと、“目の大きさはここまで”と逆に目が小さく見えてしまいます。

逆につなげずに目尻を解放していると、抜け感が出過ぎて、つぶらにみえてしまいます。

アイシャドウのポイント




大きいブラシで入れると、目の形にハマらずクマっぽく見えてしまいます。目尻の“くの字“に細めのブラシで、シャドウをいれましょう!



目尻の白目部分の幅くらいに、目尻からいれていきましょう!内側からは入れず必ず目尻から!そうすると“くの字“を綺麗にメイクすることができます♪

アイシャドウの色は




薄いカラーではなく、パレットに入っている1番濃いめのカラーをチョイスすると、グッと目力がUPします!

濃くなりすぎず、かつ目力が出るのでポイント☆上まぶたと下まぶたをアイシャドウで繋げ、抜け感を出しましょう♪

いかがでしたか?憧れの“なりたい顔”や“モテ顔”のフェイスになれるようにアイメイクから改善していきませんか?☆

Text & Photo by RIE

RIE Instagram アカウント

この投稿をInstagramで見る

𝒯 𝑅(@riiiiie127)がシェアした投稿


当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ