森三中の大島、とちぎ未来大使就任も稼働せず「腹が立ってる!」

 

1月13日放送の『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)に森三中の大島美幸が栃木県出身の有名人としてゲスト出演。自身が「とちぎ未来大使」に就任してから現在まで大使として何の活動も出来ていないと嘆いた。

 

栃木の魅力アピールしたくても……

『魅力度ランキング2020』で最下位となった栃木県。「日光東照宮」や「鬼怒川温泉」といった観光地をはじめ「佐野ラーメン」や「苺」など魅力的なグルメもある。そんな栃木が最下位になった原因の1つに「アピールが下手」と語るゲスト陣。

 

そんな中、大島は「とちぎの観光大使みたいなのをやってるんですけども、年に2回ぐらい紙が来て『ご要望アイデアなどありましたら書いてください』っていって。私、めっちゃくちゃ書いてるんですけど、1個も要望が通ったことがない」と驚きの報告。続けて「『こんな事したらどうでしょう。あんな事したらどうでしょう』って(具体的に提案しても)全然なんの返答もない!私は腹が立ってるんですよ!」と不満を一気に捲し立てる。

 

これを聞いた元ヤクルトスワローズ監督の真中満氏も「2015年にとちぎ未来大使やらせてもらって、そこからもう5年になりますけど音沙汰一切ないですね」と大島に同調。「だから何したら良いか分からないし、どうPRしていいか分からない。ただ名刺だけは頂いたので配ろうとするんですけど、配るタイミングも難しい」と頭を抱える。

 

また大島は「たんぽぽの川村エミコさんと仲が良いんですけど、彼女とちぎテレビのレギュラー持ってるんですよ。でもあの人、神奈川出身なんですよ?」と笑わせると「色々しゃべったら(福田富一)県知事とこの前対談したって話聞いて。いや私、1度も会ったことないけど?はあ?要望あれだけ書いて『何でもやります』って書いてるのに何の音沙汰もないんですよ」と憤る大島。

 

続けて「『私が出るよ!全然どこにでも行くから』って言っているのに、川村さんが『いや、県知事が他の県の方で栃木県の魅力を発信したいんだ』って言ってるんですよ」と説明。「だから私たちは本当に全く何にも稼働してないです」と嘆いていた。

※トップ画像は、フジテレビ公式Twitter(@fujitv)より

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ