森七菜、金髪ギャルと同化するまでの裏側を明かす 松村北斗(SixTONES)とのW主演映画『ライアー×ライアー』場面写真を解禁

SPICE


2月19日(金)公開の映画『ライアー×ライアー』から、森七菜の姿を切り取った場面写真が解禁された。

『ライアー×ライアー』は、単行本の累計発行部数が170万部を突破し、2012年度「このマンガがすごい!オンナ編」にランクイン、2015年には第39回講談社漫画賞・少女部門にもノミネートされた金田一蓮十郎氏の同名コミックを実写化するもの。女子大学生の湊、両親の再婚で湊の義理の弟になった同い年の透、そして、高校生姿になった湊である“みな”の恋模様を描いたラブストーリーだ。

W主演で本作に出演するのは、ジャニーズのグループSixTONESのメンバー・松村北斗と、NHK連続テレビ小説『エール』などで知られる森七菜。松村は、高校生姿の義姉・湊を別人の“みな”と信じてベタ惚れしてしまう透を演じ、湊の前で見せる“女癖の悪いクール系モテ男”と、みなの前だけで見せる“とことん一途な甘々男子”の顔を演じ分ける。一方の森は、“潔癖症の地味系の湊”と、ギャルメイクで正体を隠し、女子高校生・みなとして透に一目惚れされるキャラクターを演じている。そのほか、湊の親友・真樹役で堀田真由、幼馴染の烏丸役で小関裕太がキャストに名を連ねる。メガホンをとったのは、『暗黒女子』、『映画刀剣乱舞 -継承-』などの耶雲哉治監督。


今回公開されたのは、森演じる高槻湊が、ある理由でギャルに扮した“みな”の姿を切り取った場面写真。湊は、両親の再婚で弟となった高槻透(松村)に義理の姉と気づかれず、高校生姿の自分に恋をされ、付き合うことになってしまう。湊は、みなとして会うたびに金髪ギャルにメイクアップ。場面写真では、透とのやり取りに心揺れ動く姿や、親友・真樹(堀田真由)に複雑な透との恋愛を相談している様子、そしてカラオケで「天城越え」を熱唱する場面も公開されている。






原作では、メイクして髪をおろすという設定の“みな”だが、映画では試行錯誤の末に“制服姿×明るい茶髪のウイッグ×ギャルメイク”に変更。湊とみなを演じた森は「自分の要素にないことばかりだったので、そこも演じる難しさがありました」「完全に別人を演じ分けるのであれば楽なんですが、今回の湊とみなの場合は、透にとっては別人だけど湊にとってはそうじゃないので、気持ちを入り混じえながら演じなくてはなりませんでした」と、設定に苦戦したことを明かしている。一方で、撮影の前半は“みな”のシーンが多かったことに触れ、「自分の中でこの1週間がピークだなという期間がありました。その1週間を乗り切った後に撮影のお休みがあったので、母と一緒に買い物に行ったんです。その時、普段なら絶対に着ないような、修学旅行のときにノリで買ったミニスカートを選んで着ていて……気づかないうちにみなと同化していたんだと思います(笑)」と裏側を語っている。

『ライアー×ライアー』は2021年2月19日(金)全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ