『ハチとパルマの物語』特報公開 オリジナル楽曲で少年と犬の出会いを映す

クランクイン!

 日露共同製作映画『ハチとパルマの物語』より、オリジナルの楽曲が使用された30秒版特報映像が解禁された。

本作は、1976年の旧ソ連時代のロシアに実在した名犬パルマのエピソードを基に、少年と犬の感動的な触れ合いを描く。母の死とともに心を閉ざしてしまった少年コーリャと、モスクワの国際空港ではぐれた飼い主を待ち続ける犬パルマ。2つの魂が出会うきっかけをつくったのは、秋田犬ハチだった-。

主人公のコーリャ少年役を、200人を超える応募者からオーディションで選ばれた子役レオニド・バーソフが演じ、ロシアを代表する名優アレクサンドル・ドモガロフ、映画『T‐34』のヴィクトル・ドブロヌラヴォフらが脇を固める。フィギュアスケーターのアリーナ・ザギトワも本人役で登場、日本からは渡辺裕之、藤田朋子、壇蜜、阿部純子らが出演する。主題歌は堂珍嘉邦(CHEMISTRY)が手掛ける。監督は、俳優としても活躍し、本作で初めて親子での参加を果たしたアレクサンドル・ドモガロフ・ジュニア。

解禁された特報は、現在ロシア国内で上映されている予告篇を編集したもので、音楽もオリジナルの楽曲が使用されている。空港で飼い主を待ち続けるパルマと出会った主人公コーリャが、「あなたが連れて行けなかった―パルマはずっと待ち続けています」と、飼い主に向けてメッセージを送っている。

1月22日より発売されるムビチケ前売り券(1500円)の特典情報も解禁。本作のもう一つの舞台である秋田県・大館で撮影が行われたことを記念し、同県内の劇場で購入したチケットには、限定の「ハチパル応援団エコバッグ」が付いている。このエコバッグは秋田の人々に、秋田県発信の本作の応援団員として参加してもらう意味を込めている。秋田を除く全国劇場では、秋田犬の「もふもふフォルダー」が前売り特典となる(共に数量限定)。

日露合作映画『ハチとパルマの物語』は初夏、全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ