気になる彼は当てはまる?「付き合った後も大事にしてくれる」かどうかの見極め方

愛カツ


「つき合うまでは優しかったのに」「釣った魚にエサをやらない」という不満は、よく耳にするものです。

たしかに、男性のなかには「手に入れるまでは頑張っても、そのあとは途端に興味を失ってしまう」人も少なくはありません。

そうならないためにも、付き合った後も大事にしてくれるかどうかを見極めるポイントについて、ご紹介したいと思います。

気になる彼は当てはまる?「付き合った後も大事にしてくれる」かどうかの見極め方

■ 前の彼女と長続きだったかどうか

彼女をとっかえひっかえしている人というのは論外ですが、過去につき合った恋人とほとんどが短期間で別れている場合は要注意。

なにか問題があるとすぐに「別れる」選択をするということは、自分を変えたりお互いの妥協点を見つけたりという努力をしていないということ。

あなたとつき合ったとしても、続けるためにはどうすればいいかの視点を持ってくれずに、「うまくいかないならもういい」と言われる可能性があります。

■ 好かれようとする発言があるかどうか

付き合う前にはだれしも、多かれ少なかれ相手に気に入られようと努力するものです。

「釣った魚にエサをやらない」のも問題ですが、釣る前からエサをくれない人は、この先もエサをくれることはないでしょう。

交際前でもあなたの都合を無視して自分の好き勝手に予定を決めたり、すぐに不機嫌になったり投げやりになる。

このように、あなたへの配慮や厚意が感じられない場合は、おつき合いをはじめても彼はそのままだと考えたほうが良いでしょう。

■ 多趣味かどうか

趣味があまりない

意外な視点かもしれませんが、彼の趣味については重要なポイントです。

じつは趣味に対する姿勢は恋愛に対する姿勢と非常に似たところが多いのです。

趣味が多いということは、それだけ興味関心の幅が広いということですが、逆に言えば気が多いということ。

ひとつの趣味にじっくり取り組むのではなく、あれこれ手を出しては中途半端にやめていく場合は、長続きしない恋愛や浮気を繰り返す可能性が考えられます。

■ 人間はそう簡単には変われないから

もちろんこのような傾向があっても「恋愛になると別」というケースもあります。

ただ、人間そうそう変われるものではありません。

彼の傾向を見極めて、付き合った後も大切にしてもらってくださいね。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ