ニコール・キッドマン、新作ドラマのトラウマ的背景を持つ役は「メンタル面で参ってしまった」

アカデミー賞やゴールデングローブ賞など数々の名だたる賞を獲得してきたオーストラリア出身の女優ニコール・キッドマン(53)。これまでにDV被害を受ける妻役や荒んだ中年女性刑事役など様々な役どころを演じては高い評価を得てきた。そんな演技派女優のニコールだが、ドラマや映画の役にのめり込むあまりメンタルに異常をきたして体調を崩したこともしばしばあったという。このほどニコールが、出演したサスペンスドラマ『フレイザー家の秘密』が私生活にもたらした「ネガティブな面」を明かした。

英俳優ヒュー・グラント(60)豪女優ニコール・キッドマンの初共演で話題を集めたHBOドラマ『フレイザー家の秘密(原題:The Undoing)』。医師の夫ジョナサン・フレイザー(ヒュー)や名門私立校に通う息子と共に幸せなセレブ生活を送る臨床心理士のグレイス(ニコール)が、ある殺害事件をきっかけに人生が崩壊していくストーリーを描いたものだ。ニコールが出演する新作なだけに視聴率も好調だったが、撮影の裏側ではニコールの体調が優れず撮影がストップすることもあったそうだ。

現地時間11日、米コメディアンのマーク・マロンのポッドキャスト「WTF with Marc Maron」に出演したニコールは、『ビッグ・リトル・ライズ』や『フレイザー家の秘密』でのトラウマ的背景を持つキャラクターを演じたことで、実生活でも「不安な状況に陥る」ことがあったと明かした。

「急に襲われるのよ。居心地が悪くて不安が生じ、ありのままでいることに不当な圧力をかけられているような気持ちにね」と説明したニコールは、私生活で演技上のキャラクターと‟シンクロ”してしまうことがあったという。

「実際に私は撮影中に体調を崩したわ。これって演じる者にとっては大きな問題だと思う。私は1週間寝込んでしまった。精神的にくるような役を演じる時、免疫システムが現実と演技の違いを区別できなくなってしまうの。」

しかし女優がこのような理由で毎度倒れてしまっては仕事にならない。そこでニコールはこの問題を克服するために「これはただの演技」と自分に言い聞かせてはきたものの、うまく公私の区別をつけられなかったそうだ。

ニコールは「家に帰っても寝付けず、気分もよくない…。本当に参っちゃったの」とため息を漏らしたが、そのような中で自身を保てているのは夫のキース・アーバンと娘2人のおかげだと述べた。

「家族がいつもそばにいてくれる。ただ娘達とキースがいて、夕食を一緒に囲むだけで現実に引き戻されるの。」

画像は『The Undoing 2020年10月26日付Instagram「Don’t miss a thing.」、2020年11月10日付Instagram「Experience the mystery.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MIE)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ