500本限定、26年熟成ヴィンテージ日本酒「現外」が新価格で登場

IGNITE


熟成を重ねた特別な日本酒『現外(げんがい)』。26年もの時を経た味わいを堪能あれ。



日本酒ブランド「SAKE HUNDRED(サケハンドレッド)」が、26年熟成となった1995ヴィンテージ日本酒『現外』を発売。1月13日(水)より事前申込みの受付を開始した。

『現外』が示すのは“ヴィンテージ”という日本酒の価値。甘味・酸味・苦味・旨味が複雑に絡み合いながら調和した味わいをもつ、長い歳月だけがつくり出すことのできる再現不可能なオリジナル日本酒だ。

■26年熟成という価値
『現外』は今なおタンク内で熟成が進んでおり、味わいが少しずつ変化している。昨年のものと比較すると変化の幅は小さいが、口当たりはよりなめらかに、味わいはより透明感が増して洗練されている。

さらに今後、数年、数十年かけて、いっそう味わいが変化していくことが考えられる。「ソトロン」という成分に代表される熟成香が増し、カラメルのように複雑で芳醇な香りがより豊かになっていくと同時に、口当たりのなめらかさ、見た目とは異なる味わいの美しい透明感も際立っていくと予想されている。



■貴重な日本酒の熟成、世界500本の限定販売
『現外』は熟成タンクで寝かせており、年に数回、その年に販売する分だけを瓶詰めしている。現状ある量のみが全てで、二度と同じものを製造することはできない。

熟成を重ねた日本酒は、「澱(おり)」と呼ばれる、酒の成分が固まったものがタンクの底に沈殿していく。この澱のない上澄みだけをタンクから汲み出し、商品化。あとどのくらい量が残っているのか正確に把握するのは困難であり、計算上、残り3000~4000本と想定している。

この「現外」は、日本酒の熟成の価値を示す酒として、年々その価値を見直している。味わいの変化、またタンクに残る量などを加味し、更にその価値が高まっていくものと考えられる。



26年熟成『現外 GENGAI』
製造元:沢の鶴
内容量:500ml
価格:198,000円(税込)
販売数:500本限定
事前申込受付開始日:1月13日(水)
商品配送:2月上旬より順次



■『現外』のストーリー。阪神淡路大震災を乗り越えて
1995年1月17日、阪神淡路大震災によって倒壊した酒蔵で奇跡的に残ったタンク。そこに入っていたのは「酒母」と呼ばれる、醸造の途中段階の酒。やむなく酒母の段階で搾られ清酒となり、熟成による味わいの変化に一縷の望みを託し、のちに『現外』となる酒は熟成庫で眠りにつくことになった。

熟成タンクで20数年。その酒には、造り手すら想像しなかった味わいがもたらされた。鋭い酸味は心地良く、べたつく甘味はまろやかに、甘味・旨味・酸味・苦味のすべてが調和し、円熟したまろやかさと同時に、気品さと透明感を併せもつ奇跡的な味わいへと至ったのだ。



26年熟成『現外』は、事前申込制。1月13日(水)より事前申込をスタートし、予定販売数に達し次第、購入受付を終了する。

ヴィンテージ日本酒の持つ力を味わいたい人は、早めにチェックしてほしい。

事前申込ページ:https://sake100.com/pre_order/4

(田原昌)

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ