新国立劇場「ニューイヤー・バレエ」無観客上演ライブの視聴数が15万越え 1/15より『くるみ割り人形』の映像配信も開始

SPICE



新国立劇場1月バレエ公演「ニューイヤー・バレエ」が、公演関係者1名の新型コロナウイルス感染により公演を中止したが、2021年1月11日(月・祝)に無観客で上演し、YouTubeとFacebook上で無料のライブ配信を行った。本配信は、発表時より大きな反響があり、同時視聴者数は2.8万人を超え、集計にて延べ15万6338回の視聴回数であったことがわかった。

ライブ配信冒頭では、吉田都舞踊芸術監督が挨拶をし、「一日限りだが公演が実現し、こうして配信という形で公演を皆様にお届けできることを嬉しく思う。ダンサーたちは3日間の自宅待機を経て急に舞台稽古に突入したが、この数日本当に集中してリハーサルに励んだ」と経緯の説明と、声援を多くもらったことへの感謝を述べた。

「ニューイヤー・バレエ」では、ロシア・バレエの伝統美を堪能できる古典『パキータ』、 本年9月に逝去した故・深川秀夫振付の『ソワレ・ド・バレエ』、新国立劇場バレエ団ダンサーにより振付された『Contact』『カンパネラ』、そしてビントレーの人気作『ペンギン・カフェ』を上演。新国立劇場バレエ団ならではの演目披露した。
『ペンギン・カフェ』より   撮影:長谷川清徳
『ペンギン・カフェ』より   撮影:長谷川清徳

視聴者からは、「生のバレエの舞台を観たことがなかったが気軽に楽しめた、次こそは生で観に行きたい気持ちになった」「プログラムの電子版が上がっていて、作品がより理解できました」「地方在住のため諦めていましたが、観劇が叶いました」「息子は真似して踊りながら楽しく観賞。子育てでなかなか劇場に行けない中、ライブ配信のおかげで三連休のステイホームが素敵な時間になりました」などの感想が届いたそうだ。

なお、新国立劇場では、1月15日(金)からは2020年12月に上演したバレエ『くるみ割り人形』の公演映像有料配信が行われる。この機会に日本最高峰のバレエ団による公演を自宅で楽しんでみてはいかがだろうか。
2020年12月公演『くるみ割り人形』より クララ/金ぺい糖の精:小野絢子 ドロッセルマイヤーの甥くるみ割り人形王子:福岡雄大   撮影:瀬戸秀美
2020年12月公演『くるみ割り人形』より クララ/金ぺい糖の精:小野絢子 ドロッセルマイヤーの甥くるみ割り人形王子:福岡雄大  撮影:瀬戸秀美

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ