藤原竜也『青のSP』あの“駄作”そっくりで呆れ声「クソドラマだな!」

まいじつ

藤原竜也 
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

1月12日より、藤原竜也主演のドラマ『青のSP(スクールポリス)-学校内警察・嶋田隆平-』(フジテレビ系)の放送がスタートした。しかし内容が、あるドラマに似ていると指摘されている。

学校内に警察官が常駐し、トラブル対応や予防活動を行う「学校内警察(スクールポリス)」制度。この制度が試験導入されることとなった赤嶺中学校に、主人公・嶋田隆平(藤原)は自ら志願して配属された。嶋田は法を犯した生徒たちを容赦なく逮捕していく…というストーリーだ。

第1話では、授業を妨害した挙句、教師に手を出した男子生徒をその場で取り押さえて逮捕した。さらに、ネット上で大人たちのことを晒し上げている女生徒を見つける。女生徒は開き直った様子で悪びれていなかったが、そこへネットにさらされた大人が包丁を持って復讐にやってきた。

すると嶋田は、女生徒を犯人に差し出すという驚きの行動に。そして女生徒が襲われそうになった瞬間に、犯人を取り押さえた。ギリギリの恐怖を生徒に体験させることで、罪の重さを知ってもらいたかったようだ。

駄作『3年A組』をさらにダメにしたドラマ


「ネット上での誹謗中傷問題などを題材にして、最近の生意気な若者を改心させるというストーリーは、菅田将暉主演のドラマ『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)と似たような展開ですね。しかし『3年A組』といえば、一部信者に絶賛されているだけで、ストーリーがクサすぎて脚本もめちゃくちゃだと酷評されている作品。わざわざ駄作をパクったことで、悲惨な出来になってしまっています」(芸能記者)

実際、ドラマ放送中にはネット上で

《実況向けのクソドラマだな!》
《思ってたのと違ってクソつまらんなこのドラマ》
《3年A組と同じニオい。どうせ3年A組と同じで、藤原竜也は実は生徒思いでしたENDだろ》
《伝えたいメッセージは分かるけど、色々無茶苦茶過ぎるんだよな…笑 3年A組のなんか違うバージョン。笑》

といった声があがっていた。

『3年A組』と同じようにお涙頂戴の説教ドラマとして、信者がついてくれることに期待したい。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ