いるいる、こういう人…。同性に嫌われやすい女性の特徴4つ




「あの子悪い子じゃないけど、付き合いにくいな……」と思う女性っていますよね。人はそれぞれですから、合う・合わないが生じてしまうのは仕方がないこと。無理に付き合う必要はありません。では、皆さんの周りにはどんな女性がいるのでしょうか? 今回は同性に嫌われやすい女性の特徴をご紹介します!

同性に嫌われやすい女性の特徴

嫌がっていることを「おもしろエピソード」として話す

「私にとっては黒歴史で、というか誰が聞いても黒歴史だと思うので誰にも知られたくないんですけど、それをおもしろエピソードとして、『この子が高校の時に~』って話す女の子は無理。人の気持ちを考えられないんだなって思う」(30代女性)

▽ 自分が主人公になれて、その場が盛り上がるならなんでもいいタイプの女性は、一緒にいても嫌な気分にさせられることが多いかもしれません。後で「あの話、したらダメだった? ごめんね!」と軽く謝られるまでがセットです。

ダメ出しをするのが好き

「『その服、似合ってなくない?』って平気で言ってくる人いません? そういう人って悪気はないのかもしれないけど、普通に傷つきますよね。いちいち審査される気分です」(30代女性)

▽ 人のことをよく見ています、良し悪しがわかります、というアピールをしたい女性っていますよね。ダメ出しをしている女性は、基本的に言って“あげている”というスタンスなので、聞く耳を持たないのが正解です。

自然とマウントを取る



「プチプラの化粧品ばかり買っちゃうって話をした後にデパコスを買った話をされたり、いい人に出会えないって話をすると声をかけられた話をされたり、ずっとマウントを取られているのか? と、終始疑いながら話を聞いてしまったことがあります。もう話したくないなぁって思ってしまう」(20代女性)

▽ 人の話の上をいきたがる人は、マウント気質がありますよね。「羨ましい」という言葉欲しさに話しているので、ただただ「へ~そうなんだ」と当たり障りのない相槌を打っておきましょう。

恋愛の話は話す専門

「人の恋愛話って聞くのは楽しいけど、自分の話ばかりする人の話を聞いていても楽しくないというか……。自分の話もするけど人の話も聞きたい! っていう人のほうが、一緒にいて楽しいじゃないですか。しかも恋愛話だと自慢っぽくなるからそれもまた聞き苦しい」(20代女性)

▽ 恋愛話は聞いていて楽しいと感じるものですが、押し付けられるとまた違ってきますよね。自分の話をして「どう、すごいでしょ?」という雰囲気を持っていかれると、余計に退屈してしまいそうです。

まとめ

同性同士だからこそ気を使わなければいけない場面というのがありますし、距離が近いぶん、言動には慎重になりたいものですよね。お互いがハッピーになる空間作りができる友達を大切にしていきたいものです。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ