JAM Project、結成20周年を記念したドキュメンタリー映画公開に先駆け『牙狼<GARO>』シリーズの原作者&出演者からのコメントを公開

OKMusic

2020年に結成20周年を迎えたJAM Projectが、初のドキュメンタリー映画『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』を2月26日(金)~3月11日(木)まで2週間限定でロードショーする。同作品の映画公開に向けて、彼らが長年にわたり主題歌を担当してきた特撮ドラマ『牙狼<GARO>』シリーズの原作者&出演者からのコメントが公開された。

『牙狼<GARO>』シリーズの原作者である雨宮慶太監督は、「<ココロ>というカタチもなく見えないモノを揺さぶる仕事。生業。それがギュッと詰まった至福の映画!20周年、映画化おめでとうございます!!牙狼も15周年。その時をJAM Projectと共に歩めた事。それは誇りであり宝であります!感謝。本当に大感謝。」と熱いコメント。さらに独特のタッチで描かれた迫力溢れる直筆の色紙も合わせて解禁され、JAM Projectの結成20周年と初の映画化に向けてエールを送った。

『牙狼<GARO>』シリーズの出演者である、小西遼生、肘井ミカ、藤田玲、松大航也、日南響子からの動画コメントも合わせて解禁となり、こちらはJAM ProjectのオフィシャルHPにて公開されている。(順次、オフィシャルTwitterでもアップ予定)。今後も、毎週木曜日に彼らと所縁のある著名人からの応援コメントを発表していく企画を作品の公式サイトおよびSNSにて実施予定とのことだ。

1月15日(金)からは、劇場前売り券(ムビチケ)の発売が開始となり、前売特典にはライブが難しい時期だからこそファンにはたまらないデザインの「バックステージパス風ステッカー」全5種が数量限定でランダム配布される。また、CSファミリー劇場では同作品の劇場公開を記念し、JAM Projectが主題歌を担当した作品の中から、主演の山田孝之自らJAM ProjectにOPテーマをオファーした『勇者ヨシヒコと導かれし七人』、第1作目から長年にわたり主題歌を担当してきた特撮ドラマ『牙狼<GARO>』シリーズ最新作『GARO-VERSUS ROAD-』ほかを特集放送。さらに、世界中どこへでも出向き、歌い、現地ファンを熱狂させてきたJAM Projectが、中東アブダビ初のアニメ・フェスに招聘され、アラブ圏での初ライブに挑む姿を追ったドキュメンタリーもTV初放送、JAM Projectの20周年を振り返るスペシャルコンテンツ『JAM Project 20年のあゆみ』もTV初放送となるので、併せてチェックしたい。

■映画『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』
(c)2021「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」FILM PARTNERS

■【雨宮慶太 コメント】

「<ココロ>というカタチもなく見えないモノを揺さぶる仕事。生業。それがギュッと詰まった至福の映画!20周年、映画化おめでとうございます!!牙狼も15周年。その時をJAM Projectと共に歩めた事。それは誇りであり宝であります!感謝。本当に大感謝」

■【作品詳細】

『GET OVER -JAM Project THE MOVIE-』
■イントロダクション
世界で日本の「アニソン」ジャンルを開拓し、
結成20周年を迎えたJAM Project初のドキュメンタリー映画!

世界に日本の「Anison(アニソン)」を躍進させた開拓者であり、”レジェンド”と称されるスーパーユニット、JAM Project(JAPAN ANIMATIONSONG MAKERS PROJECT)の結成20周年を記念した初のドキュメンタリー映画。460日間に渡る長期密着を敢行。レコーディング、海外LIVE、LIVEツアーリハーサル…だが、誰も予測し得なかったCOVID-19 の影響により、予定されていたLIVEツアーは次々と中止になっていった…。そんな“現在(いま)”だからこそ浮かび上がる、音楽を通して世界を勇気づけてきた彼らの真実のメッセージとは?メンバー自身でさえ知らなかったと驚く“誰もみたことのないJAM Project”の姿が、ここにある。

■JAM Projectとは
「アニソン界」を代表する実力派シンガーによって、2000年に立ち上げられたスーパーユニットです。世界に誇る進歩した日本のアニメーションに見合う主題歌を作り歌っていきたいと、シンガー達自らが立ち上がり、集いました。アニメやゲームに付随した主題歌文化に磨きをかけていきたい…そんな欲望をもってJAM Projectは「アニソン」というジャンルの中で独自の地位を築き上げました。現メンバーは、影山ヒロノブ、遠藤正明、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹の5人。メンバー自らが主題歌の「曲づくり」にも携わっており、プロデューサーや監督達との打合せ、デモづくり、ディレクションと、「作品」=「主題歌」を目指して、常に制作者と表現者を兼ねて邁進しています。

■CAST
JAM Project
影山ヒロノブ 遠藤正明 きただにひろし 奥井雅美 福山芳樹
Guest Artist:ALI PROJECT angela GRANRODEO FLOW 梶浦由記

【STAFF】
監督:大澤嘉工
製作:井上俊次 二宮清隆/企画:松村起代子 宇田川美雪/プロデューサー:高橋義人
/撮影:脇屋弘太郎 西岡章/録音・音響デザイン:石寺健一/オンライン編集:波江野剛/ラインプロデューサー:安養寺紗季 原啓介/制作:東北新社/配給:東宝映像事業部
2021年/日本/カラー/16:9/114分
(c)2021「GET OVER -JAM Project THE MOVIE-」FILM PARTNERS

【劇場前売り券(ムビチケ)】
発売日:1月15日(金)発売開始/価格:¥2,300(税込)
<前売特典>「バックステージパス風ステッカー」(全5種ランダム配布)
※前売券(ムビチケ)1枚のご購入につき特典1枚。
※特典の種類はお選び頂けません。
※特典は数量限定につき、なくなり次第配布終了。

\n

当記事はOKMusicの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ