『おちょやん』劇団は解散へ “千鳥”若村麻由美の“退場”に惜しむ声

クランクイン!

 杉咲花が主演を務めるNHK連続テレビ小説『おちょやん』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第6週「楽しい冒険つづけよう!」(第29回)が14日に放送され、千鳥(若村麻由美)率いる山村千鳥一座は解散することに。視聴者からは若村演じる千鳥の“退場”に惜しむ声が広がった。

「正チャンの冒険」の本番当日。千代は舞台上でのミスを持ち前の機転で乗り切り観客から万雷の拍手を受ける。舞台は大評判を呼び公演は1週間延長され大盛況のうちに千秋楽を迎える。千代は本番前日に猛稽古をしてくれた師匠の千鳥にお礼の言葉を伝える。

「次も気張らしてもらいます」と千鳥に深々と頭を下げる千代。しかし千鳥は「次はないわ」と応え「山村千鳥一座は…解散する」と打ち明ける。突然のことにうろたえる千代に、千鳥は「あなたのせいよ」と一言。そして千鳥は自分を見下す世の中を見返すために、役者として努力を続けてきたことを語りつつ、それが独りよがりなものだったと打ち明ける。

千鳥は千代の芝居を振り返りながら「あんな芝居でも本気でやれば人の心を動かせるってこと、思い知らされた」と話す。そして「私いま“あんな芝居”って言ったでしょ?」と千代に問いかけると「自分が最も嫌った“見下す側”の人間に、いつのまにか自分もなっていた…それが何より許せなくて」と固い決意の内にある思いを吐露する。

千鳥は改めて一人で役者修行の旅に出ることを千代に伝えると「鶴亀撮影所には紹介状出しておいたから…あそこの所長、昔のなじみなの」と語りかける。千鳥が千代に見せた優しさに、ネット上には「ツンデレすぎてかっこいいー」「千鳥さん、ほんとはいい人」「泣くわこんなん!」などのコメントが殺到。

第29回の終盤では、千鳥が劇団員全員に次の行き先を紹介した上で劇団を解散させたことが明かされ、千代はいよいよ撮影所へ。放送後、ネットには「千鳥さん退場さびしい」といった惜しむ声や「今日の回すごく良かった~!おちょやん好きだわーと再確認」「心が温まった」などの投稿も相次いでいた。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ