ジェットスター・ジャパン、2月の国内線14路線で減便 計1,378便

Traicy

ジェットスター・ジャパン(エアバスA320型機)ジェットスター・ジャパンは1月14日、2月1日から28日までの国内線14路線で減便を追加すると発表した。

減便数は1,378便で、減便率は65.2%となる。対象となるのは、東京/成田~札幌/千歳・大阪/関西・高松・松山・高知・福岡・大分・長崎・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄/那覇線と名古屋/中部~福岡・沖縄/那覇線。

利用者には、全額払い戻しもしくはバウチャーの発行、他路線の運航便の航空券購入への支払額の充当、別日の同区間の運航便への変更を案内する。

また、緊急事態宣言の発令を受け、1月7日までに予約し、1月8日から2月7日までに運航する東京/成田発着便と、1月13日までに予約し、1月14日から2月7日までに運航する名古屋/中部発着便を対象に、特別対応を実施している。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ