マツコ「こんな人間育てるの大変だったと思う」親の苦労を振り返り感謝

 

1月11日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、コラムニストのマツコ・デラックスが「お金の苦労をすれば親のありがたみがわかる?」というテーマで、一風変わった自分をここまで育ててくれた親への感謝を語った。

 

マツコ「親に苦しみを与えてしまった」と振り返る

番組では、「子どもにはあえてお金の苦労をさせて親のありがたみをわからせるべき?」との話題でトークを展開。これにマツコは「意識してないと親のありがたみって“感じるもの”じゃない気がするんだよね。別にありがとうって思わなかったら一生ありがとうって思わずに過ごせちゃうようなものなんじゃないかなと思ってて」と持論を述べると「私の場合は何となく親ってやっぱ凄いなって思ったのは、多分こんな人間を育てるのって大変だったと思うのよ」と語り始める。

 

「例えば、他人の場合は嫌なら交流しなきゃいいわけじゃない?でも親ってさ、どんな人間だろうが子どもはちゃんと交流して育てていかなきゃいけないわけじゃない」と親と子は逃れようのない関係なのだと語ると「私って大変だったと思うんだよね。変な子供だったと思うし、大人になってもこんなオッサンが女装してテレビ出たりするわけだから、この人格を親が育てたって思うと……」と過去を振り返りつつ親の苦労を語るマツコ。

 

「いつ頃そのような心境になりましたか?」の質問に「一番やっぱり大きかったのは、自分の仕事を親に説明が出来なかったのよね。だからもう何かしらの形で見せるしかねぇだろうなって思って。もう詳しく自分がどういう事をしてますっていうのを親にちゃんと話したことがないわけよ。親に苦しみを与えてしまってるんだろうなって思いながら10年、20年過ごした時期があったから、その頃は本当に“ごめんなさい”って思って」と社会に出てから親のありがたみを感じたと語る。

 

続けて「でもそれに対してウチの親は私に根掘り葉掘り聞いてこなかったのよ。それはね、凄いなって思う本当に。私はできないと思う『あんた何やってんのよ!』って絶対聞いちゃうと思うから凄いなと思う」としみじみ語った。

 

※トップ画像は『5時に夢中!』公式Twitter(@gojimu)より

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ