【ガバナーズ・ボール】2021年の日程発表、例年の6月開催を9月へ変更

Billboard JAPAN



毎年6月に米ニューヨークで開催される音楽フェスティバル【ガバナーズ・ボール】が、2021年は9月24日~26日に実施すると発表した。2020年の日程は、パンデミックの影響で延期されていた。

「私たちは、より現実的ですべての人にとってより安全な時期に2021年の日程を変更することを決定しました」とフェスティバルのプロデューサーであるファウンダーズ・エンターテインメントは声明で述べた。「そして、まだ疑問や未だ解明されていないことが世界にはありますが、次回の【ガバナーズ・ボール】が安全で素晴らしい体験となるよう、市や州の当局と緊密に協力していますのでご安心ください」と続けた。

第10回目となる【ガバナーズ・ボール】は、2020年6月に開催される予定だったが、昨年3月に米ニューヨーク市が新型コロナウイルスによって壊滅的な被害を受けたため、主催者はフェスティバルの中止を余儀なくされた。テーム・インパラ、スティーヴィー・ニックス、ミッシー・エリオット、ソランジュ、フルーム、ヴァンパイア・ウィークエンドらが、2020年の出演者として発表されていた。

フェスティバルのFAQページによると、2021年のラインナップは全く新しいものになるそうで、今後数か月のうちに出演者の発表を予定している。一方で、2021年の【ガバナーズ・ボール】の実施は確約できないとしつつ、地元機関の助けをもとに実現させるために全力を尽くしていると述べた。

「ワクチンが普及し、秋には音楽ライブ・イベントが復活すると多くの専門家が予測していることを考えると、私たちには希望があります」と【ガバナーズ・ボール】のウェブサイトに書かれている。「私たちは素晴らしいラインナップをブッキングし、提案されたすべての安全対策に従うことを確約します。安全が最優先事項であり、すべての市や州の当局と緊密に連携しますのでご安心ください」と説明している。

9月のフェスティバルでの安全ガイドラインはイベントが近づいたら詳細を発表すると説明しており、フェスティバルの開催ができないと判断された場合、チケットの払い戻しが行われる。2020年のチケットを持っている場合は、2021年の日程で使用可能となる。また、参加を希望しない場合、払い戻しを求めることができる。

ファウンダーズ・エンターテインメントは、2022年には同フェスティバルの通常の開催時期である6月に日程を戻す予定だと説明した。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ