リムデザインがおしゃれなお皿に夢中!テーブルを彩る美しいプレート

folk

お料理がサマ見えするリムプレート


リムは、プレートの縁部分を指す言葉です。リムがあるプレートはお料理を盛りつけた時に余白ができるのでサマ見えしますよ。また、リムが立ち上がっているデザインの場合は、ソースやドレッシング類がこぼれにくくなります。

さらに、リムを持ってサーブしやすいなど、リムがあるプレートはデザイン性だけでなく実用性も高くなるのです。今回は、リム部分のデザインがおしゃれなプレートをご紹介していきましょう。
縁のデザインが印象的なリムプレート

阿部慎太朗さんの花柄リムレリーフ皿


阿部慎太朗さんの花柄リムレリーフ皿

https://uchill.jp/

リム部分に花柄がデザインされたプレートは、ヨーロピアンな風合いが魅力的です。こちらは、人気作家阿部慎太郎さんの花柄リムレリーフ皿。

彫刻刀で花柄を彫った石膏型に粘土を押し当てる「タタラ成形」という手法で作られているそうです。

グレーのような玉子色のような、ぬくもり感のある白いプレートは、リムのさらに縁に錆釉のようなアクセントが付けられています。

河合竜彦さんの白釉レリーフリム皿


河合竜彦さんの白釉レリーフリム皿

https://irodori-store.com/

ヒラヒラとした美しいリムデザインが魅力的な「白ツヤ釉レリーフ皿 M1」は、河合竜彦さんの作品です。

ヨーロッパのアンティークのような味わいのある白釉が、印象的な作風。プレートだけでなく、コーヒーカップや水差しなども人気です。

こちらはやや深めのリム皿で、高さは3センチあります。チャーハンやパスタを盛りつける際は、こんもり高さを出して食べやすくしてくださいね。

美濃焼の菊花7寸皿


美濃焼の菊花7寸皿

https://uchill.jp/

和皿の中にも、リムデザインに凝ったプレートが多く存在しています。美濃焼の菊花皿も、その1つ。

粉引のようなぽってりとした厚みとぬくもりのある色味が印象的な菊花皿は、直径21センチ×高さ3センチのサイズ感です。

こちらは、茄子とニンニク、唐辛子をバルサミコ酢で炒めた一品をおしゃれに盛り付けています。菊花の中心におかずを盛るとバランス良く見えますよ。

山田憲栄さんの真鍮花リム楕円皿


山田憲栄さんの真鍮花リム楕円皿

https://irodori-store.com/

おやつタイムにも、リムがポイントになっているプレートを使ってみませんか。こちらは山田憲栄さんによる真鍮素材のプレートです。

タテ10センチ×ヨコ17センチ×高さ1センチというサイズ感と、真鍮ならでは重量感が魅力的な1枚です。

真鍮は使っているうちに黒ずんでくることがありますが、クレンザーで洗ったりステンレススチールなどでこすり洗いをするときれいになりますよ。

リムに絵付けがなされたリムプレート

内村七生さんのタチアオイ柄リムプレート


内村七生さんのタチアオイ柄リムプレート

instagram(@manege)

愛知県の瀬戸市で作陶活動をされている内村七生さんのリムプレートは、手描きされたタチアオイが印象的な一枚です。

ニュアンスのある色使いと、シンプルにデフォルメされたデザインは、どこかレトロなテイストを感じさせます。

プレートのサイズは、直径18センチ。ブルー系の釉薬に合わせて大粒のブドウをこんもりと盛りつけて。同じシリーズで、マグカップやスクエアプレートもあります。

acnepotterystudioさんの動物のプレート


acnepotterystudioさんの動物のプレート

https://irodori-store.com/

幅広のリムを持つプレートに絵付けをほどこしたユニークな1枚です。

福岡県を拠点に活動されている陶芸家の森安幸代さんによるacnepotterystudio(アクネ ポタリー スタジオ)の動物のプレート、うさぎ。

大人っぽい表情のうさぎと落ち着きのあるカラートーンが大きな魅力です。プレートの大きさは、直径が22センチ。高さは2センチあります。

皐月窯の四角リム皿イッチンドット


皐月窯の四角リム皿イッチンドット

https://uchill.jp/

江戸時代から続く砥部焼に取り組んでいる、中田太郎さんと中田千晴さんご夫婦が営んでいる皐月窯の作品です。

スクエア型のリムプレートは珍しいデザイン。白地にブルーのデザインと共に、食卓に新鮮なリズムを生み出してくれるでしょう。

イッチンというのは、技法の1種だそう。手で触れるとほんの少し盛り上がった立体感を生み出すテクニックが施されたリム皿です。

リムに鎬があしらわれたリムプレート

水谷和音さんの鎬輪花4寸皿


水谷和音さんの鎬輪花4寸皿

https://irodori-store.com/

熊本で作陶活動をされている水谷和音さんによるリム皿です。輪花フォルムのプレートのリム部分に鎬(しのぎ)をほどこしています。

鎬とは、日本に伝わる伝統的な陶芸テクニックの1つ。お皿や鉢、お茶碗やカップなどの表面をヘラやなどの道具で削った稜線模様のことです。

直径13センチのこちらプレートは、リム部分がさりげなく上向きになっています。高さは2.5センチです。

わかさま陶芸のオードブル皿シャビーターコイズ


わかさま陶芸のオードブル皿シャビーターコイズ

https://uchill.jp/

益子焼のわかさま陶芸では、美しく深みのあるシャビーターコイズのオードブル皿を手掛けています。

シンプルなプレートですが、リムに鎬があしらわれることによって凹凸が生まれ、陰影が生まれていますね。

印象的なターコイズカラーのプレートは、主張が強そうに見えますが意外とどんなお料理ともなじみます。鮮やかな色合いのサラダやフルーツをのせたプチフールなどは、特に相性が良いでしょう。

美濃焼の削ぎ目大皿


美濃焼の削ぎ目大皿

https://uchill.jp/

こちらは、鎬のデザインが幅広くなっている美濃焼の削ぎ目大皿です。幅広のヘラを使ったのでしょうか。

平たく広く削り取られた跡が、華やかな印象を与えるプレートになっています。もちろんこの鎬模様も手仕事です。

直径は23.8センチ。高さは2.3センチと少し高さがあるので、ソースが掛かったお料理や汁気のあるお料理も盛り付け可能です。

お気に入りのリムプレートを見つけよう


さまざまなデザインのリムプレートを紹介しました。リム部分が独特の形にデザインされているものや、リム部分に絵付けがされているものなど、リムが目立つプレートが多いことが特徴です。

プレートの中央にお料理やお菓子を盛りつけることで余白が生まれます。お気に入りのリムプレートを見つけ、毎日のテーブルを美しく彩ってみませんか。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ