看護師のママを元気づけようと8歳女児が選んだキャンドル 届いた品に困惑(英)

ネットショッピングを利用する人の増加に伴って、「想像していたものとは全く違った」「別のものが届いた」「サイズが合わない」などトラブルも急増している。イギリスに住む8歳の女の子は、母親のためにクリスマスにキャンドルを注文したのだが、届いた商品に言葉を失ったという。昨年のクリスマス当日に発覚したとんだプレゼントについて、『The Sun』などが伝えた。

英ノッティンガムシャー州カールトン・イン・リンドリックに住むミア・プロクターちゃん(Mia Proctor、8)は、昨年のクリスマスに看護師として忙しく働く母マリーさん(Marie)のためにキャンドルをプレゼントすることにした。

姉のハニーちゃん(Honey、10)と相談し、ミアちゃんはオンラインショッピング「アマゾン」の「キャンドル・ハンド(Candle Hand)」という店で“赤ちゃんの手”の形をしたキャンドルを選び、父シャイさん(Shay、49)に注文をしてもらった。12月14日のことだった。

キャンドルは植物性100%でできたナチュラル素材のハンドメイドで、ハニーちゃんは4つのパステルカラーから水色、ミアちゃんはピンク色の同じデザインのものを選択した。値段は1つ約2100円(14.99ポンド)で、クリスマス用にきれいにラッピングされて配達された。

こうしてクリスマス当日、マリーさんが姉妹のプレゼントを開けたのだが、ミアちゃんは箱の中の品物を見て目を疑った。

実は姉妹が注文したのは、手をグーにした状態で人差し指と小指を上げた“You rock(最高よ!)”というポジティブなものだったが、ミアちゃんが贈った箱に入っていたのは、中指を立てた“F*** you”という挑発的なデザインだったのだ。

シャイさんによると、中身が違うことに気付いたミアちゃんはショックを受けてかなり落ち込んでいたそうで、英メディア『The Sun』が今月、家族の声とともに特集した。

するとこのニュースを見た人たちから、次のような感想が寄せられた。

「ママの反応が書かれていないけど、きっとプレゼントをもらっただけでとても嬉しかったと思うよ。」

「ママはきっと気にしていないと思う。それどころか面白がっているんじゃないかな。」

「ユーモアがわかるママだといいね。こんなプレゼントこそかえって思い出に残るよ。」

「きっと楽しいクリスマスを過ごしたと思うよ。もう立ち直っているといいね。」

「数年前、6歳だった娘がCDをプレゼントしてくれたんだ。でも私の妻はその内容に驚いていたよ。ちょっと過激な内容だったんだ。」

「キャンドルとして使えるから、無駄にはならないんじゃない?」

「キャンドルとしては決して安くはないよね。」

「アマゾンや店からは何も言ってこないの?」

なお、この商品のコメント欄には「とても質がよく、お勧め。手の細部まできちんとできていて、楽しいギフト」「プレゼント用の箱も素敵だった」「思ったよりも小さかった(高さ11センチ)」「プレゼントとして喜ばれた」と5段階のうち4.4の評価を受けており、概ね好評なようである。

その後、一家が店に連絡を入れたのかどうかについては伝えられていないが、きっと忘れられないクリスマスギフトとしていつまでも語り継がれるに違いない。

ちなみに先月には、小学校教師の女性がガラクタ市にて70円で購入したカーディガンが話題になった。中心部分にトナカイが交尾している姿が描かれていたが、女性は全く気付かなかったという。

画像は『The Sun 2021年1月12日付「RUDEY WAX Girl, 8, sent ‘F*** you’ candle after ordering gift for Covid nurse mum」(Credit: Ben Lack)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ