【人気記事まとめ】これ読める?”難読漢字”5選

liBae


読めそう…!でも読めない!
そんな漢字って世の中にはたくさんありますよね。
漢字自体は簡単なのに読み方がちょっと難しい漢字を紹介します!

(1)【能う】意外と読めない人が多い?


「能力」の「能」にふりがなは「う」。
普通に読めば、能は「のう」ですが明らかに違いますね、、
正解は「あたう」。

「能う」の意味はズバリ「できる」です。
もう少し解説すると「可能の意を表す」・「なしうる」となります。
また違う意味では「理にかなう」・「納得がいく」ともあります。
可能の意を表す、というのはしっくりくるかと思います。

(2)【出色】意味までわかったらスゴイ!


次は【出色】です!これはなんと読むでしょうか…!
「出色」は、「しゅっしょく」と読みます。

そのまま「でいろ」「でしょく…?」などと読みたくなりますが、それは間違いです。
「出色」は、「他よりきわだって優れていること」という意味です。
単純に優れているという意味より、「他の人やモノが太刀打ちできないくらい優れている」といった強めのニュアンスが含まれています。
シンプルな字面からは想像しにくい意味ですよね。
これを機に、出色の素敵な意味もぜひ覚えておいてくださいね。

(3)【普く】ふく…?違います!


「普く」なんと読むのでしょうか。
普通や普遍と熟語では使っていてもなかなか読めないですね。
ふく、ではないですし…。
正解は「あまねく」です!言葉としても少し難しめでしょうか。

「普く」の意味は「ひろく、すべてにわたって」となります。
普通の普なのでなんとなくイメージと合致するのではないでしょうか。
世間にひろく、というニュアンスですね。
ぜひ使ってみてください!

(4)【驕る】読めるかな?


「驕る」という漢字、正しく読むことができますか?

さっそく、答えをみてみましょう!
「驕る」は「おごる」と読みます。

日常ではあまり見かけない漢字なので、驚いた方も多いかもしれませんね。
ちなみに、「驕る」は漢検1級レベルの漢字なので、読めた方はかなりハイレベルです!
「驕る」は自分の持っている才能や地位、財産などを誇って、思い上がった振る舞いをするという意味を持ちます。
「他人にごちそうする」という意味で使う「奢る」とは、まったく別の意味を持つ漢字なので要注意!

(5)【碌に】日常会話で使ってる!


「碌に」という漢字、正しく読むことができますか?

日常でよく使う言葉ですが、漢字を読めたらかっこいいですよ!
「碌に」は、「ろくに」と読み、「充分に」「満足に」という意味を持ちます。

よって、日常的に使われる「碌に~ない」という言葉は、期待している物事に対して期待値に満たない状態であることを表します。
「碌にちゃんとできない」「碌に書けない」といったように、能力が不十分な状態に対しても使うことができる言葉です。

以上、liBaeの人気記事から抜粋した難読漢字でした!
日常生活で使う言葉も漢字で書いたら難しいものもありますね…!
みなさんもぜひ覚えて使ってみてくださいね♪
(liBae編集部)

当記事はliBaeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ