ぺこぱ・シュウペイ、女子高生からのファンレターで“悲しい気持ち”になった理由とは?

E-TALENTBANK


1月13日放送の日本テレビ系『スッキリ』に、ぺこぱ(松陰寺太勇・シュウペイ)がVTR出演。シュウペイが、過去にもらったファンレターにまつわるエピソードを語った。

【別の記事】ぺこぱ松陰寺「強く言うと解散しちゃう」シュウペイに対する気遣い明かす

VTRの中で、シュウペイは、以前に女子高校生からファンレターをもらった際に、“悲しい気持ち”になったことがあるとして、「全部フリガナがふってあったから」と明かした。

続けて、「僕ちょっと、あんまり難しい漢字が得意じゃないっていうのをある番組で言ってたんですよ」「そしたら、やっぱファンレターをくれた方が気遣って、普通のよく読めるような漢字も全部フリガナふってあって」と説明し、「逆に読みづらかったっていう」とコメント。

そのファンレターでは、“好き”や“頑張って”といった言葉にもフリガナが振られていたとして、「小学生レベルのやつだし、わかるしって思って」と話しつつ、「ありがたいんですけども、そこまでは大丈夫だぞ、という感じですね」と語った。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ