『バンドリ!』伊藤彩沙とmikaが最新シングルと合同ライブの意気込み語る


●コンテンツの道を切り開いたパワー
メディアミックスガールズバンドプロジェクト『BanG Dream!(バンドリ!)』。プロジェクトの一環として、キャラクターを演じる声優がリアルでもバンド活動を行っており、これまでに4つのリアルバンドが誕生している。

今回は、最初のリアルバンド・Poppin’Party(ポッピンパーティ)でキーボードを担当する伊藤彩沙(市ヶ谷有咲役)と、第4のリアルバンド・Morfonica(モルフォニカ)でドラムを担当するmika(二葉つくし役)にインタビューを実施。これまでの活動を振り返りながら、それぞれの最新シングル「Photograph」と「ブルームブルーム」の聞きどころ、そしてこれから実現したい夢について語ってもらった。

○●有咲とつくしの個性と魅力

――まずは、それぞれが演じるキャラクターの紹介をお願いします。

伊藤 私が演じる市ヶ谷有咲ちゃんは、Poppin’Party(ポピパ)でキーボードを担当しています。元々は引きこもりで、ずっとおうちにいるような子でした。それが、高校に入学して(戸山)香澄やポピパに出会うことで、外の世界を知り、今では他のバンドメンバーとも楽しく話せるようになりました。親しい人に対してツンツンしてしまうところもあるのですが、それは照れ隠しでもあり、彼女なりの愛情表現でもあるんです。そういうツンデレっぽい一面も彼女の魅力ですね。

――香澄と出会った頃はツン要素が強かった印象でしたが、最近はデレ要素もしばしば見られるようになってきた気がします。

伊藤 とても素直になりましたよね(笑)。たまに過去のアニメ映像や『ガルパ』(スマートフォン向けアプリ『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』)のストーリーを見返してみると、「こんなにツンツンしていたんだな」と思っちゃいます。今ではだいぶ丸くなり、元々持ち合わせていた優しさがにじみ出ていると感じています。

mika 私が演じる二葉つくしちゃんは、月ノ森女子学園に通う1年生で、学校では学級院長を務めています。Morfonica(モニカ)ではドラム担当であり、リーダーでもあるんですよ! ……自分で買って出たんですけどね(笑)。「リーダーだからみんな引っ張らないと!」という気持ちが強く、しっかり者であろうとするのですが、ミスしたり忘れ物が多かったりと、ちょっと抜けているところがあって……。本人はそれに気が付いていないのですが、周りの子たちからは「つくしちゃんだからしょうがないよね」と思われちゃっています(笑)。そういう抜けているところが、絶妙に可愛らしい子ですね。

――mikaさんは、『BanG Dream!』でドラム技術講師としてコンテンツに関わってきました。そしてひとりのキャラクターを演じる声優としても、プロジェクトに関わるように。声優としてキャラクターを表現してみることの難しさは感じていますか?

mika すごく難しいです。私としてはつくしちゃんに抜けているところがあることを知っているけども、つくしちゃん本人は自分がしっかり者だと思っている。自分では分かっているけども、つくしちゃんとしては分かっていないという状態で表現するのって、こんなにも大変なんだと痛感しています。それでも、つくしちゃんをもっと好きになってもらえるよう、頑張っています。

――声優の先輩方からアドバイスをもらったことはありますか?

mika ドラムレッスンのときに、はっしー(山吹沙綾役・大橋彩香)やめぐちゃん(宇田川あこ役・櫻川めぐ)に色々と聞きながら、アドバイスをもらっています。その内容は企業秘密なので、ここでは言えません(笑)。でも、周りに相談できる仲間がいてくれて、とても心強いですね。困ったときはひとりで悩まずアドバイスをもらって、ひとつでもできることを増やしていきたいと思います。

○●他バンドと交流することで見つかったポピパらしさ

――おふたりはキャラクターを演じるだけでなく、リアルでバンド活動もされています。それぞれのバンドの特徴についても教えてください。

伊藤 ポピパも気が付けば結成して5年以上が経ちました。その歴史もあってか、ファンの人たちからも、私たちのやり取りに「実家感がある」と言ってもらえるようになったんです。ただ、そこに至るまでには色々な経験やチャレンジがありました。私は楽器未経験でしたし、一部メンバーを除きそれぞれが「はじめまして」の状態だったので、最初は試行錯誤の繰り返しでした。

色々なことを試したり話し合ったりしながら、いいところはそのまま残して、ちょっと違うと思った部分は改善してきました。その中で、Roselia(ロゼリア)さんやRAISE A SUILEN(レイズ ア スイレン/RAS)さん、モニカさんなどのリアルバンドや、『BanG Dream!』メンバーとも交流し、ポピパらしさ、自分らしさを見つけることができたんです。

――その見つけた「個性」とは、どのようなものですか?

伊藤 ポジティブでハッピーな気持ちになれるパフォーマンス、そして色んな表情があるところが「らしさ」かなと思っています。この前、ここ何度かのナンバリングライブ を見返したのですが、みんな全力で、それでいて楽しんでいて。その様子を見ていると、自分たちのライブにも関わらず、すごく感動して。「エモい」ってこういうことなんだなと思いました。

――ポピパのライブを見ていると「明日からも頑張っていこう!」という活力がもらえます。

伊藤 そう思ってもらえるのはすごく嬉しいです! これからも、みんなの背中を押せるバンドでありたいです。

――紆余曲折を経てそういう形に落ち着いたのは、キャラクターたちの物語ともリンクしている気がします。

伊藤 そうですね。アニメ第1期では、バンドを結成したものの、歌えなくなっちゃったり、メンバーとの関係性で悩んだりなど、さまざまな壁にぶち当たっていました。私たちも同じような経験をしてきたので、本当にキャラクターと一緒に成長させてもらっているなと感じています。

――『BanG Dream!』の道を切り開いてきたポピパ。その背中を追いかけるように第4のリアルバンドとして登場したのが、モニカです。

mika マイペースな子ばかりなので、すごく柔らかい雰囲気が漂っています。もちろん練習では真剣なのですが、休憩中は各々が好きなことをやっているんですよ。一緒に話をするときも、いま自分がハマっているゲームやアニメの話を永遠にしている(笑)。

こんなにも性格が違う人が集まったら、きっと普通ならまとまらないと思うんです。それでもモニカは、それぞれが個性を尊重し合っているから、バンドとしてもちゃんと成立しているんですよね。そういう雰囲気や性格は、キャラクターともリンクしていると思います。リンクし過ぎているせいか、ふとした瞬間に、メンバーのことがキャラクターに見えるときがあるんですよ。

――そんほどまでにリンクしているとは!

mika そうなんです。例えば、2020年最後のレッスン。あの時、倉田ましろ役の進藤あまねちゃんが別のお仕事で来られるかどうかわからなかったんですよ。だから、そのひとつ前の練習で「一緒に練習できるのは、今日が今年最後かもしれない」と、あまねちゃんが寂しがっていたら、桐ヶ谷透子役の直田姫奈ちゃんが「あ、そんなんだ、お疲れ!」って軽く返したんです。そのやり取りがもう、ましろちゃんと透子ちゃんとそのままで(笑)。

伊藤 確かに(笑)。

mika そして、それを見守る他のメンバー。もう、モニカそのものだと思いました。

――それぞれのバンドについて聞いてきましたが、今回はせっかくなので、お互いのバンドの印象についても教えてください!

mika ポピパは、とてもハッピーで仲のよいバンド。それでいて、舞台に立ったときは、完全にミュージシャンの顔になるんですよ。私は技術指導という立場でポピパのリハーサルにも立ち会わせていただいているのですが、いつも無駄がないんですよね。ダラダラと曲の練習をするのではなく、「今日はこの部分ができるようになる」とメンバーで決めたり、音がぶつかりがあったときには「私がこうするね」と相談したりして、問題を解決する。

また、ライブ会場の大きさに併せて、リハーサルの段階から音や音量のバランスを調整しているんですよ。こういうのは、何年もやってきたチームワークが成せる技だと思います。これが、声優さんがバンド活動も行うという新しいコンテンツの道を切り開いた子たちのパワーなんだなぁと、いつも感心していますね。

――私も学生時代にバンドをやっていましたが、メンバーそれぞれが自分の演奏にがむしゃらで、音量がバラバラだったんですよ。同級生がやっていた他のバンドでも、ギターの音量大きすぎ問題とか、ボーカル聞こえない問題とかが起こりがちでした。

伊藤 私たちも昔はそうでした。

mika 私も高校生のころはとにかく全力でドラムを叩いていて、音量調整なんてあまり考えていませんでした。むしろドラムは生音だからそっちが合わせてよという気持ちでいた気がします(笑)。でも、ポピパちゃんは、音量調整をしないといけないことに自分たちで気が付いて、毎回対策をしている。恐ろしいなとすら思っています。

伊藤 mikaさんにそう言ってもらえるのは本当に嬉しいです! でも、モニカさんはまだ活動がスタートしてからそれほど日が経っていないのに、もう役割分担がしっかりしていますよね。この子はよく喋るキャラだからMC担当など、メンバーのポジションがすでに確立されている。あとは、mikaさんも言っていましたが、本当にバンドの雰囲気がまったりとしているイメージがあります。モニカさんとはまだそれほど一緒に時間を過ごしていないので、もっと交流したいです!

●「8th☆LIVE」が見出した可能性
○●お客さんの前でライブができることの喜び

――『BanG Dream!』を通じてさまざまな経験をしてきたおふたり。2020年で特に印象に残っている活動は?

伊藤 悩ましいですが、8月に富士急で行った「BanG Dream! 8th☆LIVE」かなぁ。あのライブは踊ったり、水鉄砲を使った演出があったりと、遊び心満載でポピパらしさが詰まっていました。私たちとしても久しぶりにお客さんの前で演奏できたのが嬉しくて仕方なかったです。新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、いつもとは違ったルールも設けられていましたが、それをお客さんがしっかり守って最大限に応援してくださったんです。あの温かさを肌で久しぶりに感じて「やっぱりライブっていいな」と思いました。

mika 私も「8th☆LIVE」が印象に残っています。モニカとしては初めてのライブだったこと、そしてお客さんの前でライブができたことが本当に嬉しくって。モニカのメンバーの中には、バンドとして舞台に立つのが初めての子もいたんです。私としては、あのなんとも言えない感覚になれる瞬間をその子たちにも体感してもらいたくって。難しい状況下で最大限の配慮をしたうえで有観客ライブを開催してくださったこと、そしてみなさんが会場に足を運んでくださったことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

――「BanG Dream! 8th☆LIVE」は、さまざまなコンテンツがイベントの在り方を模索している時期に開催された大規模ライブでした。

mika 以前からお付き合いのあるライブハウスの方々をはじめ、『BanG Dream!』に関わっていない方からも「最初の一歩を踏み出してくれてありがとう」と、感謝の連絡をいただいたんです。それくらい、業界としても大きな出来事だったと思います。それだけに気持ちも入りましたたが、一方で緊張も増しちゃって……。そんな中、ポピパさんが、本番が始まる数分前まで、縄跳びや水鉄砲で遊んでいたんですよ。ポピパさんがすごく楽しんでいる姿をみて、緊張が解けました。

伊藤 あの時は、野外でしかも久しぶりのライブだったから、いつも以上にはじけちゃっていました(笑)。

mika でも、その楽しんでいる様子に、私たちは救われました。あと思い出深いのは、ライブが終わったあとに姫奈ちゃんが感極まって大号泣している姿を彩沙ちゃんが見守っていたこと。あの時、『BanG Dream!』って最高だなと思ったんですよね。

伊藤 お姉さんみたいな気持ちで見ていました。私も昔はよく泣いていましたので。

mika 仲間たちと一緒に感情を共有できるのって、このコンテンツのすごく素敵なところだと思います。

○●ストーリーやキャラクターの成長とともに楽しめる楽曲たち

――2021年もすでに色々な展開が発表されています。そのひとつとして、ポピパは1月6日に16枚目のシングル「Photograph」をリリースしましたね。

伊藤 表題曲の「Photograph」を聞いたとき、まずは曲自体の壮大さに感動しました。その楽曲にどんな歌詞が載るのかなと思っていたら、サビには素敵なメッセージが含まれていながらも、随所にポピパの日常が盛り込まれていたので驚きました。特にAメロの歌詞は『ガルパ』のストーリーに基づいたもので、壮大なメロディーに日常のことを伝える歌詞が載るというギャップが衝撃的でよりリアルにポピパを感じてぐっときました。ポピパらしさがありつつも、儚さを感じるそんな楽曲だと思います。

――以前は「キラキラドキドキ」を香澄が先頭に立って体現し、それをメンバーが支えるという印象が強かったです。ただ、この曲では、みんなが「キラキラドキドキ」を体現していると感じました。

伊藤 最近のポピパは、メンバーみんなが並んで手をつないで歩いている気がします。この曲はまさに、そういうポピパの今が詰まった楽曲になっているんじゃないかな。

――カップリングの「開けたらDream!」はどのような楽曲ですか?

伊藤 こちらはありそうでなかった、新しいポピパの一面が見られる曲じゃないかなと思います。個人的には、教育番組の歌のお姉さん感があるなと思いました。香澄の歌声のキュートさがたまりません! いつも以上に可愛らしくって、それがポップでリズミカルな曲調にもマッチしていると思いました。おもちゃが出てくるイベントストーリーの楽曲になっているのですが、その雰囲気を表現するために木琴の音が入っているんですよ。

ポピパの楽曲のなかで、ギター・ベース・ドラム・キーボード以外の音が入っているのって、実は珍しくって。そういう点にも注目して欲しいです。あとは、コール&レスポンス! 随所にちりばめられているのですが「男の子ー、女の子ー」と呼びかけるような歌詞がありますので、そこは郷ひろみさんの「男の子女の子」みたいな感じで盛り上がりたいなと思っています(笑)。ライブでやるのが楽しみですね!

――「Photograph」に次いで、1月13日にはモニカが2ndシングル「ブルームブルーム」をリリースします。

mika 「Photograph」と同じく、「ブルームブルーム」も『ガルパ』のストーリーに沿った楽曲となっています。ストーリーでは、人見知りのましろちゃんが他のバンドの方々とお花見をするとなったときに、逃げてしまうんですよ。それでも、一歩先に進んでみようと勇気を振り絞り、他の方と交流しようと頑張ります。

その風景や気持ちが、「ブルームブルーム」では表現されています。特にその様子を表していると感じるのが、「芽吹いた未来は 満開へ」という歌詞。「満開へ」という言葉から、モニカやましろちゃんの中で何かが開いたんだと感じました。不安を抱えながらも新たな世界に飛び込んでいくモニカのメンバー。その様子が清々しいメロディーに乗り、素敵な楽曲に仕上がりました。

――カップリング曲の「flame of hope」の聞きどころについても教えてください。

mika こちらの曲はぶつかり合うギターとバイオリンの音色が印象的な楽曲です。攻撃的なメロディーなので、最初に聞いたとき、「モニカもこういう曲を演奏するんだ」という意外性を感じました。ただ、この曲も透子ちゃんと(八潮)瑠唯さんがぶつかるという『ガルパ』のストーリーに沿ったものになっています。ライブでやるときもきっと、透子ちゃんと瑠唯さんのバチバチバトルが体感できると思うので、楽しみですね。
○●合同ライブは成長するきっかけにもなる

――シングルの発売に続き、2021年2月23日には横浜アリーナにて「Poppin'Party×Morfonica Friendship LIVE『Astral Harmony』」が開催される予定ですね。

mika  Friendshipというタイトルなので、ポピパちゃんを含めたその場にいる皆さんと一緒に和気あいあいと楽しめるライブになればいいな。モニカはポピパの背中を見ながら活動をしているので、緊張はしていながらも、一緒の舞台に立てることをメンバー全員が喜んでいます。ポピパとモニカは楽器構成も、バンドカラーも違うので、それがどのように融合するのか、ワクワクもしていますね。私たちのできることを全力でやって、全員でその日を楽しみたいなと思います。

伊藤 フェスに出たり『BanG Dream!』の合同ライブに出演したりすると、色んな刺激を受けるんです。それが、ポピパが大きく成長できるきっかけにもなっています。今回のモニカさんとのライブでポピパがどう進化できるのか、今から楽しみですね。あとは、これまでポピパのことを見守ってくれたmikaさんと舞台に立てるというのが本当に嬉しい。メンバーみんながそう思っています!

mika 嬉しすぎる!

伊藤 モニカの皆さんとたくさん交流できたらなと思います!楽しみしかないので、本番が待ち遠しいですね。

――最後に『BanG Dream!』で今後実現したい夢を教えてください。

伊藤 2020年に開催予定だった『ガルパ』の全バンドが出演するライブは、実現させたいです。いつか絶対に叶えたい。『BanG Dream!』も気が付けば大家族となりました。色々なメンバーが仲間になりましたが、関わるみんな個性的で可愛くて面白いんです。そんなメンバーが大集合したら、『BanG Dream!』の歴史に残るイベントになるのは間違いありません。その日がくるまでに、さらにレベルアップしておきます。

mika 全員が集合したイベントはやりたいよね! みんなでひとつの曲を演奏してみたい。

伊藤 いいですね! 「NHK WORLD-JAPAN presents 『SONGS OF TOKYO Festival 2020』」では、ポピパ、Roselia、RASの3バンド合同で演奏ができました。それだけでも面白かったので、さらに増えたらどうなるのか楽しみです。あとは、いつかバンドメンバーをシャッフルして演奏してみたい。

mika いいね! 楽しそう。やりたいことがいっぱい出てきちゃうね。夢は広がるばかりです!
○●Poppin’Party 16thシングル「Photograph」

・Blu-ray付生産限定盤
価格:4,400円(税抜)
・通常盤
価格:1,400円(税抜)
CD収録内容
M1.Photograph
M2.開けたらDream!
M3.Photograph -instrumental-
M4.開けたらDream! -instrumental-
Blu-ray収録内容
・ミニアニメ「BanG Dream! ガルパ☆ピコ ~大盛り~」#1~#13
・「Photograph」リリックビデオ

○●Morfonica 2ndシングル「ブルームブルーム」

発売日:2021年1月13日
・Blu-ray付生産限定盤
価格:4,400円(税抜)
・通常盤
価格:1,400(税抜)
CD収録内容
M1.ブルームブルーム
M2.flame of hope
M3.ブルームブルーム -instrumental-
M4.flame of hope -instrumental-
Blu-ray収録内容
・ミニアニメ「BanG Dream! ガルパ☆ピコ ~大盛り~」#14~#26
・「ブルームブルーム」リリックビデオ

●Poppin'Party×Morfonica Friendship LIVE「Astral Harmony」公演情報
日程:2021年2月23日
会場:横浜アリーナ
出演:Poppin'Party×Morfonica
Poppin'Party(愛美、大塚紗英、西本りみ、大橋彩香、伊藤彩沙)
Morfonica(進藤あまね、直田姫奈、西尾夕香、mika、Ayasa)
ライブ・ビューイング実施予定

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ