はなまるうどん「大」のボリュームが話題 知らないと痛い目に…

しらべぇ




うどんが食べたい時、非常に便利な讃岐うどんチェーン「はなまるうどん」と「丸亀製麺」。今年に入り、突如この2店舗における「麺の量」についてネットで注目が集まった。

画像をもっと見る

■はなまるうどん「大」多さに驚く声も


話題となったのは、チェーン店の「大(盛り)」とは一体何グラムなのか、という分析を行ったとあるユーザーのツイート。

このユーザーは、はなまるうどんで「大」を注文して痛い目を見てしまったことから両店のグラム数を改めて比較してみたといい、丸亀製麺は並盛250g(税込300円)、大盛375g(税込410円)、得盛500g(税込520円)、一方のはなまるうどんでは小210g(税込220円)、中420g(税込320円)、大630g(税込420円)とまとめている。

ご存知の通り、はなまるうどんの「大」は異様に多い。普通の感覚で「大」を注文し多すぎて食べきれなかったというケースは珍しくなく、実際にネットでも、「はなまるの大は結構多いな…」「麺の量がすごい」など、驚きの声も多くあがっている。

そこで今回、改めてこの2大チェーンの大盛(得盛)サイズを食べてみることにした。

関連記事:余ったペヤングペタマックスを美味しく食べる方法 現役シェフが教えるアレンジ

■噂通りのボリューム




まずは、はなまるうどんから食べてみることに。記者にどれほどの衝撃を与えてくれるのだろうか。



注文後すぐに提供された「かけ」(大盛)。噂通りのボリュームで、今にも器から溢れ出てきそうなほど、麺がぎっしりと詰まっている。



シンプルなつゆと、もちもちとした麺が特徴のおなじみの味。食べていて安心感すら覚える。



大を食べるのが久しぶりだったこともあり、量の多さに驚きはしたものの完食。1杯でお腹が膨れるほどのボリュームで、食べきれないという人が多いのも分かる気がする。

■丸亀製麺もなかなかの量




そして、丸亀製麺でも一番大きいサイズの「かけうどん」(得盛)を注文。実物を見ると、はなまるうどんの大盛とほとんど変わらないように感じるがはたして……。



シンプルだがコクのあるつゆは全く飽きない味で、思わず豪快に麺をすすってしまう。



見た目の量はほとんど変わらなかったが、実際に食べてみると丸亀製麺の「かけ」(得盛)のほうが少ないことが分かった。うどんの130g差は、思ったよりも大きいのだろう。胃が驚くということもなく、難なく完食。

■麺の量の基準はどうなっているのか…


ボリュームの凄さが際立つはなまるうどん。麺の量の基準について聞いてみると、「小、中、大サイズで麺の量が210gずつ増えます。大については、1玉の2倍(2倍)となっています」との回答。ネットでも話題となっているように、実際にお客からも「量がすごいね」といわれることがよくあるという。

ちなみにはなまるうどんは、大盛りを注文するのが恥ずかしいという女性のために、丸亀製麺の大盛より45g多いサイズを中として売り出している。その他にも、ヘルシー志向のメニューも多く取り揃えているが、大盛りを注文するのは圧倒的に男性が多いそうだ。

・合わせて読みたい→打ちたてうどんをリーズナブルな価格で 「丸亀製麺が好き」6割も

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ