シリーズ史上最強の心臓をもつ、「DS3クロスバック」の特別仕様車が登場!

IGNITE


DS最小のコンパクトSUV「DS3クロスバック」に、持ち前のフレンチラグジュアリーと“ハイパフォーマンス”を融合させた特別仕様車が登場した。専用搭載される1.2Lの直噴ターボエンジンは、通常モデル比で+25ps/+10Nmを発生する。



[nextpage title=”フォーミュラEのエッセンスを注入”]

特別仕様車「DS3クロスバック パフォーマンスライン」は、その名の通り、よりダイナミックな動力性能を味わえるモデルとなる。



その源泉となる心臓部には、155ps/240Nmのハイチューンバージョンを搭載。通常モデル比で+25ps/+10Nmとなる1.2Lの直噴ターボエンジンは、単なるエンジンマッピングの変更だけにとどまらず、ターボチャージャー、インジェクター、排気バルブ、コネクティングロッドのベアリングなどが専用設計となっている。

また、このエンジンはGroupe PSAのコンパクトプラットフォーム「CMP」が搭載するエンジンの中で、もっともハイパワーな仕様となる。トランスミッションは8速ATを組み合わせる。



内外装の仕立ては、その走りにシンクロするべく、フォーミュラEにおいて2年連続ダブルタイトルを獲得した「DS TECHEETAH Formula E Team」由来のスポーティなエッセンスが注入されている。

具体的には、フロントグリルの「DSウイング」のクロームをマットブラックに、リアガーニッシュはブリリアントブラック仕上げとし、さらにオニキスブラックの18インチ“MONZA”ホイールなどを採用。異なる質感と表情を持つブラックを組み合わせ、スポーティでありながらエレガンスを感じさせる仕上がりとしている。

ボディカラーは、シックな黒もしくは白の2択で、ルーフはいずれもブラックとなる。



内装では、ダッシュボードやドアトリム、シートサイドにアルカンタラをあしらってレーシーな雰囲気を増幅。また、ステアリングホイールやダッシュボードなどに奢られるステッチは、特別感のあるカルマン(カーマインレッド)とゴールドで統一されている。



運転支援システムは、上級グレードの「グランドシック」に準じ、アクティブクルーズコントロールやレーンポジショニングキープなどを含むDSドライブアシストをはじめ、ブラインドスポットモニター、DSマトリクスLEDビジョン、インテリジェントハイビームなどが標準装備される。価格は436万円。

(zlatan)

画像元:Groupe PSA Japan

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ