あす広く3月並みの暖かさ その後は日ごとの気温差に注意

日直予報士

あす14日は全国的に3月並みの暖かさとなる予想です。ただ、その後は、北日本や東日本で日ごとの気温差が大きくなり、日曜日以降は、全国的に厳しい寒さとなるでしょう。体調を崩さないようお気をつけください。

●14日 広く3月並みの暖かさ

きょう(13日)は、強い寒気が後退し、日差しの届いた太平洋側の地域では、きのうより5度くらい気温が高くなりました。また、日差しがほとんどなかった日本海側でも、3度前後高くなりました。この先、土曜日(16日)ごろにかけて、日本付近の上空には暖かい空気が入ります。
あす(14日)は、きょうよりさらに気温が高く、広く3月並みとなる予想です。最高気温は、札幌は1度、仙台は9度、東京は15度、名古屋と大阪は13度、福岡は14度の予想です。

●日ごとの気温差に注意

あさって(15日)は、さらに暖かくなる所が多いでしょう。最高気温が15度以上となるのが、全国のアメダス地点の約2割にのぼり、西日本を中心に季節外れの暖かさとなりそうです。ただ、一時的に寒気が流れ込む北海道、東北や、湿った空気の影響で日差しの届かない関東では気温が上がらず、この時期らしい寒さとなりそうです。
土曜日(16日)は、北日本や東日本は暖かい空気に覆われて、北海道、東北、関東でも気温が高くなるでしょう。日ごとの気温差が大きく、服装選びが難しくなりそうです。また、体調を崩さないようお気をつけください。
一方、西日本では次第に寒気が流れ込み、日曜日(17日)は、全国的に寒気に覆われるでしょう。一気にこの時期らしい寒さが戻ってきそうです。この寒さは、来週半ばごろまで続く見通しです。

●服装選びは慎重に

この先、日ごとの気温差が大きいため、服装選びはお気をつけください。日中、15度を超えるような暖かい日には、脱ぎ着しやすい服装が良いでしょう。ただ、夕方以降はグッと冷えるため、防寒具はお持ちになってお出かけください。tenki.jpでは、服装指数を発表しています。服装選びの参考にご覧ください。

当記事は日直予報士の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ