カマラ・ハリス表紙の米版『VOGUE』 批判の声にアナ・ウィンター編集長が釈明

米次期副大統領カマラ・ハリス(56)が表紙モデルを務めた米版『VOGUE』2月号に批判が殺到した。これに対し同誌編集長のアナ・ウィンター(71)が『The New York Times』で声明を発表するとともに、インタビューに応じた。『VOGUE』はスニーカーを履いたカジュアルな装いのハリス氏の表紙写真をSNSで公開後、「アマチュアが撮影したみたいだ」「『VOGUE』誌の基準を遥かに下回る」などと非難の声が相次いでいた。

米版『VOGUE』の公式Instagramは現地時間10日、カマラ・ハリス氏をモデルに起用した2月号の表紙写真を公開した。ハリス氏はダークカラーのジャケットとズボン、コンバースのスニーカーを履いたカジュアルな装いだ。背後にはハリス氏がハワード大学時代に所属した社交クラブ「アルファ・カッパ・アルファ(AKA)」を象徴するサーモンピンクとアップルグリーンの色が配されている。

しかしSNSでは、この写真が「当日の朝に急いで仕上げた宿題みたいで、無礼だ」「アマチュアが撮影したようだ」「ひどい写真だ。『VOGUE』誌の基準を遥かに下回っている」といった批判の声や、ハリス氏の「肌を白く見せようとしている」といったコメントが殺到した。

『The New York Times』のポッドキャスト『Sway』は現地時間12日、米版『VOGUE』のアナ・ウィンター編集長からの声明文を発表するとともに、彼女への独占インタビューを公開した。

アナ編集長は声明文で「私達は紙版の表紙に関する反応を聞いており、理解しています。私は次期副大統領の素晴らしい勝利の重要性を低下させる意図がなかったことを、繰り返し述べたいと思います」と述べ、写真を選んだいきさつをこのように明かした。

「表紙の選択について、正式な合意はありませんでした。2枚の画像が届いた時、私達全員は次期副大統領の少し砕けたポートレートが今を反映していると感じたのです。現在も分刻みで人々の生命を奪っている最も恐ろしいパンデミックの真っ只中であるということをです。」

アナ編集長は『Sway』のインタビューに応じ、ハリス氏を表紙モデルに起用した理由や衣装の選択についてこう説明した。

「次期副大統領が表紙を飾ることを、私達全員が光栄に感じています。これはアメリカの歴史、特に世界中の有色人種の女性にとって歴史的瞬間です。喜びに満ちたお祝いになると感じたからこそ、就任式の時期にこの表紙を作りたかったのです。」

「衣装はすべてハリス氏の私服で、とても素敵に見えます。彼女は確かなセンスの持ち主で、強い自意識を持っています。着るものに対してもね。」

続けてアナ編集長はこの表紙の素晴らしさを述べ、批判する人がいることが信じられないと語った。

「表紙のハリス氏はとてもチャーミングで、リラックスしていて、意外で、凄くリアルです。私はバイデン氏とハリス氏が共感と団結と人々を結び付けることについて話しているのを聞きました。私はこの表紙こそが、そのことを象徴していると感じたのです。」

「とても歓迎的で、楽しくて楽観的な表紙だと思います。この表紙を前向きに捉えられない人達がいるなんて信じられません。私にとって、権力のある女性についての非常に前向きで重要な声明であるように思えます。」

なお今回の『VOGUE』表紙に関する騒動に対し、SNSでは様々な意見が飛び交った。

「アナ、あなたの時代は終わり。才能あるクリエイティブな若者に編集長の座を譲ったら。」

「どの写真を使ったかなんて、どうでも良いんだ。アナは今、副大統領という称号に敬意を払うためにトップの職に就く必要がある。彼女は良い仕事をするよ。」

「雑誌の表紙のために大騒ぎするなんて、どうかしてる。現在、世の中で起こっている他のことを考えて。現実的になってよ。」

画像2、3枚目は『Vogue 2021年1月10日付Instagram「Vice President-elect @kamalaharris is our February cover star!」「“I always say this: I may be the first to do many things—make sure I’m not the last,” says Vice President-elect @kamalaharris.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ