濱田岳「教場II」での畏怖の表情に仕掛けられた“大いなる伏線”

アサジョ


 1月3、4日放送のスペシャルドラマ「教場II」(フジテレビ系)で名演技を見せた濱田岳。前作から2年後の神奈川県警察学校を舞台に、木村拓哉演じる“最恐”教官の風間公親からふるいにかけられる警察官を目指す生徒たちの成長物語の中で、濱田は若い生徒がほとんどの中、ちょっと年上の白バイ隊員を目指している生徒・鳥羽暢照を好演。

ドラマ後編の最終部では、かつて刑事だった頃の風間(木村)の目をアイスピックやドライバーのような尖った金属物で刺した犯人の顔を、バイク便のアルバイトをしていた鳥羽が偶然にも目撃していたことが判明。このことによりネット上には「シリーズ新作が必ずあるな」「誰が風間の目を刺したのか、鳥羽が捜す新作ができるはず」「続編は来年正月ドラマかそれとも映画になるか」などと予測する声があふれている。

「濱田演じる鳥羽は警察学校の卒業式で、木村演じる風間教官から握手をされた時に『私の右目のことで‥‥覚えがあるな』と言われていましたから、この大いなる伏線を回収する続編は作られなければおかしいでしょう。また、木村からこのセリフを言われた時の濱田の表情が実に秀逸でした。驚きと畏怖が入り混じったような複雑な表情はとても印象的で、続編を見たい、風間の右目を刺した犯人が誰なのか知りたいと思わせましたからね」(女性誌記者)

放送中の新ドラマ「バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~」(テレビ東京系)では、「若手ながらベテランの風格を感じるバイプレイヤー」と紹介され、アニメ「名探偵コナン」の主役・江戸川コナンのガッツリ本気コスを披露。“見た目は小学生だけれど実は中身は高校生”なコナンを見事に再現し、視聴者のハートをつかんだ濱田。これまで以上に目が離せない役者と言えるだろう。

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ