小倉智昭が『とくダネ』放送開始前にした宣言 笠井アナが明かす

しらべぇ




13日、フリーアナウンサー・小倉智昭がMCを務める朝の情報番組『とくダネ!』(フジテレビ系)が、今年の3月で終了することが発表された。同番組で20年間キャスターを務めた笠井信輔が自身のブログで番組の思い出を明かしている。

■『とくダネ!』終了にコメント


この日の『とくダネ!』では、小倉が番組終了の発表をするとともに、放送開始時の映像が映し出された。笠井はブログの冒頭で「『とくダネ!』が3月いっぱいで幕を閉じると、番組の最後に小倉さんがコメントしました。その後ろには、第一回放送の若い自分が映っていました。万感の思いです」とコメント。

続けて、「『とくダネ!』の思い出だけで講演会が開ける」「なんだかみんなと家族のように親しくしていました。とてもとても居心地の良い番組でした」とつづった。

関連記事:『とくダネ』が終了 小倉智昭、20年前の姿に「古い感じがする」と笑い

■小倉がしていた宣言


笠井は『とくダネ!』の前番組である『おはよう!ナイスデイ』でメインMCを務めていたが、視聴率が振るわず、『とくダネ!』が始まったという。『とくダネ!』の番組放送前のミーティングの際、小倉がスタッフに向けて「1ヵ月でこの番組を視聴率ナンバーワンにします」と宣言したことは、笠井は今でも覚えていると振り返る。

前番組で視聴率戦争に負けた笠井は「そんなの無理だ」と内心思っていたそうだが、「視聴率が振るわなかったのは最初の2週間だけ、全く新しいプレゼンテーションスタイルの情報番組は、あっという間に視聴率1位」になり、「20年も続くなんてほんとに奇跡体験です」とつづった。

■ファンからは驚きの声


ブログの最後には、番組終了を悔やみながらも「3月26日まで、小倉さんが朝の情報番組史上最も長いマラソンのゴールテープを無事に切ることを祈ってます」と思いをつづった笠井。

ブログのコメント欄には「小倉さんそんなこと言ってたのか」「有言実行でかっこいい」「さすがすぎるな…」など、多くの反響が寄せられている。

・合わせて読みたい→小倉智昭、『とくダネ』アイドルフェス特集でフジテレビへの皮肉をチクリ

(文/しらべぇ編集部・北田力也

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ