志尊淳が岡田将生に触れられるシーンに「包容力がありました」 映画『さんかく窓の外側は夜』よりメイキング映像を解禁

SPICE


1月22日(金)公開の映画『さんかく窓の外側は夜』より、メイキング映像が解禁された。

『さんかく窓の外側は夜』は、ヤマシタトモコ氏の同名漫画を実写映画化したもの。霊が見える書店員・三角と除霊師の冷川がコンビを組み、事件の謎を追う姿を描いたミステリー作品だ。書店で働く三角康介を志尊淳、除霊師・冷川理人を岡田将生がそれぞれ演じるほか、呪いを操る謎の高校生・非浦英莉可役で平手友梨奈が出演。『おじいちゃん、死んじゃったって。』の森ガキ侑大監督がメガホンをとり、『重力ピエロ』の相沢友子氏が脚本を手がける。

解禁された映像は、岡田演じる冷川と志尊演じる三角が除霊を行うシーンのメイキング。書店で霊から逃れようとする三角の背後から、黒づくめの除霊師・冷川が腕を回して語りかける場面だ。冷川が三角の体に触れ、「すごい、こんなにハッキリ視える。アレが」と言って手をかざすと、霊は姿を消す。メイキング映像は、岡田と志尊が段取りを確認するところから始まり、二人が森ガキ監督の「神秘的な感じで」といったの演出指示を真剣に聞く様子が収められている。


志尊は、除霊シーンについて「冷川が三角に触れる瞬間には包容力がありました。このシーンはどうあるべきか、そのためにはどうしたらいいかという話し合いを、監督を交えて妥協せずにできたのは岡田さんのおかげです」とコメントしている。

映画『さんかく窓の外側は夜』は1月22日(金)全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ