10年目のニコ超はネット開催 開催日は4月24日~5月1日




2021年で10年目を迎える「ニコニコ超会議」ですが、新型コロナウイルス感染拡大の不確実性を鑑みて、千葉・幕張メッセでの開催を中止し「ニコニコネット超会議2021」としてオンライン開催することが決定。そして、開催日程は当初予定の4月18日~25日ではなく、4月24日~5月1日に変更されます。

【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】

「リアルとネットの融合」をテーマに、2012年から毎年開催している「ニコニコ超会議」。2020年4月の「ニコニコ超会議2020」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により初のネット開催へと移行し、同年8月には「ニコニコネット超会議2020夏」も開催されました。

8日間にわたる同イベントのネット来場者数は、4月は約1638万人、8月は約1774万人を記録。ユーザー発案企画も100以上集まるなど、成功を収めました。

10年目の節目となる2021年は、イベントのさらなる拡充を目指し、8日間の会期のうち最初の6日間はネット開催、最後の2日間は幕張メッセを会場としたリアル開催とする新たなニコニコ超会議の形を予定していました。しかし、いまだ終息が見えない状況が続く新型コロナウイルス感染拡大の不確実性を鑑みて、いち早く全日程をネット開催へ移行することに。

主催するニコニコ超会議実行委員会としては、過去2回の経験を活かしながら、より進化したネット超会議としてユーザーが楽しめるように、関係各社とともに準備を進めていくとのことです。

ドワンゴ代表取締役社長の夏野剛さんは、今回の決定に際し「2012年からリアルイベントとして成長を続けてきた『ニコニコ超会議』は、コロナ禍に見舞われた昨年もネット開催を通して、より強く、より熱いイベントへと進化してきました」とコメント。

そして「いまだ新型コロナウイルスの終息が見えず、ますますオンライン中心のコミュニケーションが拡がる中、人のぬくもりや熱量を感じられるニコニコの強みを最大限に活かし、10年という節目の年にふさわしい超会議をつくっていきたいと思います」と、イベントへの意気込みを語っています。

開催を待ち望むファンにに対し「新たな1歩を踏みだした『ニコニコネット超会議2021』、ぜひ楽しみにしていてください」と呼びかけた夏野さん。「ニコニコネット超会議2021」は4月24日~5月1日にニコニコ公式サイト・総合TOPを会場に開催予定。内容の詳細については、後日、ニコニコ生放送で発表を予定しているとのことです。

情報提供:株式会社ドワンゴ

(佐藤圭亮)

当記事はおたくま経済新聞の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ