ウェブディレクターが検証。副業・新業態の第一歩に『SELECTTYPE』を活用すべき理由


コロナ禍であらゆるサービスがデジタル化するなか、副業や起業を目指す人たちや、新業態を模索する経営者たちが注目しているのがオンラインビジネス。

非接触で新たな価値と体験ができるビジネスモデルが新しい市場をつくろうとしています。

また、企業が続々と副業を解禁するなか、低リスク・低コストではじめられるメリットは魅力的です。

そこで今回は、国内外のウェブ制作やウェブマーケティングに関わる筆者が、こうしたオンラインビジネスに欠かせないウェブツールを検証。予約~決済まですべて完結できる『SELECTTYPE』を事例に、デジタルシフトする副業や起業、事業の業態転換などでの活用方法を考えてみました。

オンラインビジネスは、副業や起業、新業態に最適?

selecttype_01
Image: Robert Kneschke/Shutterstock.com

一昔前の起業といえば、一世一代の大勝負でした。ところが、近年はパソコン1台あれば、ビジネスをはじめられる時代。「週末起業」という言葉があるようにハードルが低くなりつつあります。

それを後押ししたのが、インターネットを活用したオンラインビジネス

実店舗を持たないオンラインショップや、得意分野の知識を生かしたセミナー、デザインや動画編集などの講師業、インバウンド向けの民泊など、その分野は多岐にわたります。

いずれも低リスク・低コストではじめられ、会社に所属しながら副業として開業できることが魅力です。失敗しても大きな負債を抱える心配もなく、うまくいけば起業することも。

さらに、オンラインビジネスは、コロナ禍で急拡大中。ヨガ教室、英会話教室、ダンス教室などの対面式の講座も、リアルからデジタルへ業態をシフトしています。

そんなオンラインビジネスですが、落とし穴も数多くあります。その1つが、ホームページやシステム開発に、お金をかけすぎてしまうこと。

そこで活用したいのが、無料で使えるウェブツール。ITの知識がなくとも扱えるものがあり、コストゼロではじめることもできます。

なかでも、予約から決済まで完結する『SELECTTYPE』は、オンラインビジネスの強い味方。具体的な活用事例を交えながら、これから副業や起業を、新しい業態への転換を検討している方にご紹介します。

これで無料? オンラインビジネスの強い味方『SELECTTYPE』の予約システム

selecttype
Screenshot: 島津健吾 via SELECTTYPE

SELECTTYPE』は、ホームページの作成、予約フォームの作成、顧客管理や決済まで完結できるウェブサービス。しかも、ほぼすべての機能を無料で使用可能。

副業や起業をこれからはじめる人、または、既存のビジネスをデジタルシフトしたい人には十分すぎる機能と言っても過言ではありません。

なかでも『SELECTTYPE』が非常に優れているのが、カスタマイズ性の高い予約システムを使えることこれが、すごい。何がすごいかというと、ゼロから開発したら何十万円もかかるシステムが無料で使えてしまうのです。
template
セミナー・説明会の予約システムテンプレートプレビュー
Screenshot: 島津健吾 via SELECTTYPE

ヨガ、ピアノ、英会話などのレッスンや大規模なイベントを開催する場合、予約のやりとりはメールや電話が一般的。しかし、『SELECTTYPE』を使えば、予約のためのカレンダーやフォームを瞬時に作成し、すぐに予約の受付を開始できます。

さらに、予約のやりとりにかかる時間を削減できるメリットも。

たとえば、英会話講師として、副業をはじめたとしましょう。すべての問い合わせや予約に対して、その都度メールや電話で日程の調整を行いますか? 本業がある皆さんなら、できるだけ稼働時間は減らしたいと考えるはず。

SELECTTYPE』の予約システムを使えば、日程調整を自動化。それだけで労力の節約になります。お客様の情報もシステム上でまとめて一覧できるので、顧客管理の労力やストレスも軽減してくれます。

では、どのような業種のオンラインビジネスを、どのようにサポートしてくれるのでしょうか?

170種類以上のテンプレートでどんなビジネスにも対応

template
Screenshot: 島津健吾 via SELECTTYPE

SELECTTYPE』の予約システムは、さまざまなビジネスに使える170種類以上のテンプレートを用意。セミナー、料理教室、イベントから、アルバイト面接、飲食のテイクアウトまで、バリエーションがとにかく豊富。

なかには、釣船やフォトスタジオ、貸し会議室、民泊など、サービスの提供だけではなく、モノや場所のレンタルに対応したテンプレートも用意されています。

こうしたテンプレートの中から選ぶだけで、一瞬で予約フォームの設定が完了。実際に試してみると、ものの10分程度で予約の設定ができました。これなら、ITに苦手意識がある人でも、簡単にはじめられるのではないでしょうか。

さらに、予約の受付方法も「イベントタイプ」「営業時間タイプ」「宿泊施設タイプ」の3種類から選択できます。それぞれ、簡単にご紹介しましょう。

イベントタイプ

template1
Screenshot: 島津健吾 via SELECTTYPE

1つ目の「イベント・教室タイプ」は、イベントごとに受付枠を時間割のように作成できます。

イベントの内容に対して、日時や定員数の設定が可能。募集人数が上限に達したら、自動で受付を終了してくれます。複数人が参加するセミナーやイベントを企画する場合に有効なタイプです。

たとえば、英会話初級コースや中級コース、企業向けのコンサルティングセミナーなどでの活用が思い当たります。

営業時間タイプ

template2
Screenshot: 島津健吾 via SELECTTYPE

2つ目の「営業時間タイプ」。上記の画像のように、受付の開始時間と終了時間を設定できます。

「イベント・教室タイプ」とは異なり、設定した時間内でお客様が比較的自由に予約時刻を選べるようになっています。

1日のうちに、複数人と個人レッスンを入れたい時に活躍するタイプと言えます。教室関係やセミナーだけでなく、美容院や病院などの予約受付にも幅広く活用できるでしょう。

宿泊施設タイプ

template3
Screenshot: 島津健吾 via SELECTTYPE

3つ目の「宿泊施設タイプ」は、チェックイン時間とチェックアウト時間などの条件検索ができるタイプ。主に宿泊施設向けで、民泊に挑戦したい人におすすめです。

以上、3つのタイプから1つを選択することになりますが、この予約システムは事業者側だけでなく、お客様側にも大きなメリットがあります。それが、予約のハードルを下げてくれること。

これは、お客様を持続的に増やしていく上で、非常に大切なポイントです。もし皆さんが講座を予約する場合、以下2つのうち、予約のハードルが低いと感じるのはどちらでしょうか?
  1. ホームページ上で、空き日程を確認できてそのまま予約できる
  2. 一旦メールや電話をして日程の調整をしないといけない

当然、1つめの「ホームページ上で、空き日程を確認できてそのまま予約できる」ではないでしょうか? 特に、初めて予約を入れる場合、メールや電話をする心理的なハードルは高いもの。ホームページ上で完結するなら、それに越したことはありません。

結果として顧客満足度や予約数の向上につながり、副業や起業が成功する近道になるはずです。

デザイン性が高く、簡単にカスタマイズできる

design
Screenshot: 島津健吾 via SELECTTYPE

こうしたテンプレートを使っていると不安になるのが、ほかの人とデザインが被ってしまうこと。しかし、ご安心を。『SELECTTYPE』は、文字や背景色など細かく調整が可能。自分だけのオリジナルデザインで、差別化を図ることも可能です。

以下の動画で、実際にデザインの着せ替えをしている様子を確認してみましょう。

デザインページを開くと、さまざまなテンプレートが用意されています。たった1クリックでテンプレートの着せ替えをしているのが、おわかりになるでしょう。これなら、初めての人でも、直感的にデザインの変更ができますよね。

さらに、文字や背景の画像なども自由に調整した予約フォームを作成。時間もコストもかけることなく、すぐに予約システムを活用できます。

ちなみに、ここで作成した予約フォームは、URLが発行されるため、SNSやメールでシェアできます。また、WordPressで作成した既存のホームページに埋め込んだり、『SELECTTYPE』で作成したホームページに埋め込んだりすることも。自由にカスタマイズできることが魅力と言えるでしょう。

質問事項やお客様情報の記入欄も拡張できる

template
Screenshot: 島津健吾 via SELECTTYPE

「ここまでできるのか!」と感心してしまったのが、予約時の質問事項やお客様情報のフォーム設定。セミナーやイベントの日程予約だけでなく、事前に必要な情報を取得できてしまうのです。

上記の画像は、よくある「今回のセミナーを何で知りましたか?」という質問に対して、5つの選択肢を用意したもの。こうした質問事項を、簡単に設置できてしまいます。
question
Screenshot: 島津健吾 via SELECTTYPE

そして、質問形式や解答形式は自由にカスタマイズ可能。プルダウン式にしたり記述式にしたり、数値入力にしたり、「必ず回答する」「任意」などの設定も自由に調整できます。
question
Screenshot: 島津健吾 via SELECTTYPE

同時に予約者情報の記入を促すことも可能。氏名や電話番号、メールアドレスなど、項目は自由に設定できます。

ただ、ここで注意点があります。

もしかしたら、お気づきの方もいるかもしれませんが、これらは機密性の高い情報です。事前にヒアリングが必要な個人のカウンセリング、企業を相手にしたコンサルティングなど、プライバシーや機密情報を事前に取得する場合、厳重な情報管理が求められます。

正直なところ、これらをメールでヒアリングするリスクは高く、信頼性にも影響するでしょう。最近はSNSのメール機能でやりとりすることも増えていますが、SNSは乗っ取られたり、突然にアカウントBAN(停止)されることも。

副業や起業、業態転換を考えている方は、情報を管理する責任があることも覚えておいてください。

その点、顧客情報を守り、顧客の信頼を高める上でも、『SELECTTYPE』の活用は理にかなっています。

ありがたいことに、『SELECTTYPE』は予約受付時に、フォームを使ったヒアリングができるだけでなく、顧客管理システムも兼ね揃えています。ヒアリングした情報はシステム上で厳重に管理でき、メールで誤送信することも防げるでしょう。

ホームページ作成から決済まで一貫して使える

template
Screenshot: 島津健吾 via SELECTTYPE

予約システムを中心に紹介してきましたが、『SELECTTYPE』ならホームページの作成や決済などのサービスも一貫して利用できます。

たとえば、オンラインでビジネスをはじめるなら、顔となるホームページが必要です。TwitterやInstagramといったSNSも名刺代わりにはなりますが、実績やサービスの詳細などはホームページにまとめるのがユーザーフレンドリーと言えます。

SELECTTYPE』は、ホームページが無料で作成でき、ビジネスのカテゴリーに応じたフォーマットを用意。飲食店、イベント告知、料理教室、カウンセリングなど、業種も豊富で、1時間もあればすぐに公開できる状態になります。

難しいコーディングは一切不要で、予約フォームや問い合わせフォーム、画像や地図などを自由に埋め込みが可能。初期投資を抑え、スピード感が必要なオンラインビジネスとの相性が非常に良いことがわかります。

ほかにも、単発決済やサブスクなどの決済システムメルマガの配信会員サイト作成などの機能も用意されています。

まずは無料から試してみるのがおすすめ


SELECTTYPE』 は、「個別プラン」と「パッケージプラン」の2種類を用意。

個別プラン」は、「予約システム(予約フォーム/イベント)」「フォーム(アンケート、診断テスト、メールフォーム)」「ホームページ/メンバーシステム」を、個別で利用したい人におすすめのプラン。

それぞれ、無料の「フリー」、月額1500円の「ベーシック」、月額3000円の「プロフェッショナル」、月額1万円の「プレミアム」の料金体系から選択が可能。

有料プランは、広告の非表示や予約の受付期間、保管できるお客様情報数を引き伸ばすことができるようになりますが、基本的な機能が制限されることはほぼありません

つまり顧客数が少ない状態から活用するのであれば、フリープランで十分。顧客数が徐々に増えて利益が生まれ、管理する情報が増えてきたら有料プランに切り替えていけば良いのです。

また、個別ではなく、複数機能を広告表示なしで使いたい方は、パッケージプラン」がおすすめ。すべてのベーシックプランは月額3000円、すべてのプロフェッショナルプランは月額5000円、すべてのプレミアムプランは1万5000円で利用できます。個別プランで契約するより、お得に利用できます。


何度も繰り返すようですが、オンラインビジネスのメリットは、低コスト・低リスクではじめられること。最初から大きな投資をするのではなく、小さくスタートすることが何より大事です。

『SELECTTYPE』のような一気通貫でサービスを提供できるツールを活用して、効率よく新しいビジネスを立ち上げ、低リスクで成功を手繰り寄せましょう。

機能や設定方法、実際の活用事例などは、SELECTTYPEのケーススタディに詳しく紹介されています。参考にしながら、まずはフリープランで、その実力をあなた自身で試してみてください。副業や起業、新業態への第一歩を、『SELECTTYPE』ではじめてみませんか。

Source: SELECTTYPE , 業種別ケーススタディ , オンライン決済機能 , SELECTTYPEブログ

Image: SELECTTYPE , Robert Kneschke/Shuttersock.com

Video: SUPPORT SELECT/YouTube

Screenshot: 島津健吾 via SELECTTYPE

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ