Hina、カラコン初プロデュース アイデアの源は「毎日必ず1つ発見する」


ガールズ・ユニオン=FAKYのHinaがイメージモデルと初プロデュースを手掛けたカラーコンタクトレンズ「ephemeral(エフェメラル)」が、13日に発売される。

多数のファッション誌や、ABEMAの恋愛リアリティー番組『月とオオカミちゃんには騙されない』への出演で話題となり、現在Instagram、YouTube、Twitter、TikTokの合計フォロワー数は100万人超え、ティーンから絶大な支持を集めているHina。その直感と第三者目線の感覚で、10~30代女性向のコンタクトレンズをプロデュースした。

今回のプロデュースについてHinaは、「素直にとっても嬉しかった」と喜びをあらわにし、「商品をプロデュースすることはひとつの目標だったし、コンタクトレンズにはすごく興味があったので『こんなの作れたらどうだろう?』というイメージもすぐに浮かびました」と語る。

自身がモデルを務めたビジュアルは、3つの世界観を撮影。「メイク、髪型、ネイル、細かいところまですべてプロのスタッフさんたちと相談しながらつくりあげていくのが、私もとにかく本当に楽しかったし、感動しました」とスタッフ一丸となってこだわり抜いたことを明かし、「どれも自分らしさは残しつつ、いつもよりパワーアップしてこだわったビジュアルなので是非注目してほしい」と呼びかけた。

独創的なイメージの源については、「普段仕事の行き帰り、駅から家や駅から事務所など、同じ道を通っても毎日必ず1つ新しい発見をすることを心がけています。『あ、飛行機曇が出てる』とかそんなレベルです。でもそのために草木や花もよく見るし、空もよく見るし、すれ違う人もたくさん見ます。とにかくすべてを自分の目をカメラのレンズだと思って見ています」と日頃から心がけていることを明かす。

今後プロデュースしたいものは、大好きなリップと香水。そして「いつか服をプロデュースするのも目標のひとつ」とさらに夢を膨らませた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ