「こおりばしら」とも読めますが…「氷柱」の読み方、知っていますか?

OTONA SALONE



本記事では意外と読めない漢字のクイズを出題します。本記事でご紹介する「氷柱」の読み方、知っていますか?

「氷柱」の読み方は?




タイトルにもあるように、氷柱を「こおりばしら」と読むこともできます。氷と柱を音読みして「ひょうちゅう」と読んでも正解です。ただ、冬の厳しい寒さが近づいてくるにつれて目にする「あるもの」を表す漢字でもあります。その「あるもの」を辞書で引くと

1 水のしずくが凍って、軒下や山の岩などに棒状に垂れ下がったもの。垂氷(たるひ)。
2 こおり。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

と出てきます。棒状に垂れ下がった氷のことを、なんと呼びますか?

正解は…




「つらら」です。

つららは、氷など表面がつるつると光沢のあるものを呼ぶ「つらつら」が転じたものと言われています。ちなみに、なめらかでつるつるとした様子を表す「つらつら」は漢字で「滑滑」と表すことができます。

なお氷柱を「こおりばしら」や「ひょうちゅう」と読んでも正解と紹介しましたが、「ひょうちゅう」と読む場合には、

1 つらら。
2 夏、室内を涼しくするために立てる角柱形の氷。こおりばしら。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

と、夏に涼をとるための柱形の氷を指すこともあります。

「氷」でもう一問


氷にまつわる漢字でもう一問クイズを出題します。「欠氷」の読み方、知っていますか?こちらは氷が含まれていますが、氷柱とはうってかわって夏の風物詩を表します。欠氷と辞書を引くと…

1 氷を砕いたもの。ぶっかき。かちわり。
2 氷を細かく削って、蜜(みつ)・シロップなどをかけたもの。こおりみず。

出典元:小学館 デジタル大辞泉

もうお分かりですね?答えは「かきごおり」です。

参考文献:日本国語大辞典

当記事はOTONA SALONEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ