かまいたち・山内、2月の手術を告白 3年前から謎の痛みに悩まされ…

しらべぇ




12日放送『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』(フジテレビ系)にかまいたち・山内健司と濱家隆一が登場。山内が2月に手術すると告白し、濱家を含めた出演陣を驚かせた。

◼3年間痛む肩


芸人コンビがテレビ初出しトークを展開したこの日。山内は「2月 勝手にごめんね」と題し、驚きの事実を濱家らに告げていく。

3年前の番組ロケで、山内はふざけていて転んで肩を打った。その肩が「ずっと痛かった」ため、さまざまな病院で診察してもらったが「なんともない」と言われ続けてきたと告白。

それでも痛みがあるので、プロボクシング元世界3階級制覇王者である長谷川穂積に「ボクサーが通う日本トップの肩の専門医」を紹介してもらったという。

関連記事:フット後藤、素面のかまいたち山内にビンタされた過去告白 「アレ何やったん?」

◼専門医の診察は…


そこで「肩の腱が切れていた」と判明。「2月に勝手に3日間オフをとって、肩の手術をしに行く」と山内が明かすと、周囲は「それは行ったほうがいい」「結構おおごとじゃない」と騒然。

「医者に『よく腕があがりますね』って言われた」と笑う山内だが、濱家は「早く行ったほうが良いんじゃない?」と2月と言わずすぐ行くべきではと提案した。

◼ノブは両膝


そこから千鳥・ノブも、「7年前にマラソンに参加してから、両足の膝、半月板が切れている」と追従。「10分ぐらい走ったら痛くなる。手術したほうが良いって言われている」と告白する。

しかし手術後に「半年ぐらい松葉杖が必要」と知った相方の大悟が「それは待て。せんでええ」と苦笑しつつ手術を止め、ノブは「松葉杖でも漫才できる」と必死に反論した。

◼視聴者の反応は?


通常の病院では見つけられない、肩の内部の腱が切れていた山内。視聴者からは「3年間ずっと肩(しかも利き腕)が痛いのに気付かせないで仕事してた山内さんかっこいいなって気持ちがじわじわと」「山内さん、肩の腱切れてたのか号泣可哀想すぎる」と山内を慮る声が殺到している。

また「山内さんの肩のようなことって、割とあるんだろうなぁ…」と、診察しても「怪我や病気の原因が判明しない可能性がある」点に恐怖を覚えた視聴者も少なくなかった。

・合わせて読みたい→かまいたち濱家、トトロのモノマネが激似 「何回見ても笑ってしまう」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ