新型コロナ感染の「DIR EN GREY」Die PCR検査で陰性に「発熱や咳などの症状は一切なく」

 新型コロナに感染していた5人組ビジュアル系バンド「DIR EN GREY(ディル・アン・グレイ)」のDie(ダイ、ギター)が厚生労働省の定める経過観察を受け、実施したPCR検査で陰性となったことが12日、バンドの公式サイトで発表された。

 公式サイトでは「陽性が確認されてからも発熱や咳などの症状は一切なく、現在もDieの体調に異変がないことが確認できております」と説明。「いつも応援してくださっている皆様、関係各所の皆様におかれましては、多大なるご心配をお掛けいたしましたことを改めてお詫び申し上げます」と謝罪した。

 Dieは昨年12月30日に、親族の感染を受け、濃厚接触者となったことを公表。同日、PCR検査を受け、今月2日、陽性が判明したことを発表。「発熱や咳など感染症の症状は無く、保健所および医療機関の指示に従い回復に向け、経過観察をしております」としていた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ