オリヴィア・ロドリゴ、デビュー曲のチャート快挙にテイラー・スウィフトが反応「さすが私のベイビー」

Billboard JAPAN



Disney+配信のディズニードラマで絶大な人気を集めるオリヴィア・ロドリゴが先週金曜日にリリースしたデビュー・シングル「drivers license」がApple MusicとSpotifyの米国&グローバル・チャートで首位を獲得し、米iTunesのシングル・チャートでも1位を記録した。

同曲は来週発表される米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で初登場1位を記録する可能性もあると話題を呼んでおり、2021年最も期待される新人アーティストとして大注目の存在となっている。

テイラー・スウィフトのファン(通称スウィフティーズ)であることを公言しているオリヴィアは、「drivers license」が米iTunesチャートでテイラーの楽曲と並んでいるスクリーンショットを自身のSNSに投稿。するとテイラー・スウィフト本人が「さすが私のベイビー。本当に誇りに思うよ」と最高の褒め言葉を贈った。以前にもオリヴィアがテイラーの楽曲「Cruel Summer」のカバーを披露した際、テイラーは「すごい才能」、「素晴らしい」、「美しいパフォーマンスをありがとう」とオリヴィアを大絶賛している。

◎リリース情報
配信シングル「drivers license」
2021/1/8 RELEASE
https://umj.lnk.to/OliviaRodrigo_license

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ