「飽きっぽい」は長所のひとつ? 変化に強い飽き性の魅力

fumumu

考える女性(Khosrork/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
短所として扱われることも多い「飽き性」。直すべきところだと思われがちですが、本当にそうなのでしょうか?

飽きっぽい性格だからこその強みを、fumumu取材班が聞いてきました。

(1)慣れない環境でも…


「環境に慣れると飽きてしまうので、すぐに新しいところに行きたくなるんです。学生時代のアルバイトや派遣も、仕事を覚えるまでがすごく楽しくて。

短期契約の仕事を転々としながら、いろいろなところで働いた時期もありました。初めての環境に飛び込む苦痛がないことは、強みかもしれないですね。

変化をおもしろがることができるので、仕事や人間関係が変わっても、あまりストレスを感じないです」(20代・女性)

関連記事:もうこの恋は終わりかも…女子が彼に飽きたと思った瞬間

(2)好奇心旺盛


「友達が自称飽き性で『なにも続かない~』と悩んでいましたが、私からすると、なんでも好奇心旺盛にチャレンジできて羨ましいです。

会うたびに新しいことを始めているんですけど、それってバイタリティがあってこそじゃないですか。私は慣れないことを始めるのが面倒で、興味があってもなかなかチャレンジできないので…。

いろいろなことに興味を持って、失敗を恐れずにとりあえずやってみる! の友達の精神は、見習いたいところです」(20代・女性)

(3)切り替えが早い


「継続が苦手なことが悩みだったんですけど、いいところを探してみると、物事の切り替えは人より簡単にできるなと思いました。

すぐに飽きて他に興味が移るので、過去に意識が向かないというか…。なにかをやめたときに、諦めてしまったとか、うまくできなかったとか、そういうことを思わないんですよね。

やめるときは、ただ『飽きたからもういいや~』と思うんです。やめたことに対して悩み続けないところは、飽き性の利点な気がします」(20代・女性)

「コロコロと気分が変わる」は、「色々なところにアンテナを張っている」ということでもあります。

短所だと思い込まずに、飽きっぽいからこその自分の強みをぜひ探してみてくださいね。

・合わせて読みたい→やりたい気持ちに蓋をしない! 「はじめの一歩」を勇気を出して踏み出すコツ

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ