「結婚を決められる女」・「決められず婚期を逃す女」その違いとは?

yummy!


「結婚を決められる女」・「決められず婚期を逃す女」その違いとは?

「結婚を決められる女」と「決められず婚期を逃す女」。そこに、モテるモテないは関係ありません。
モテるからといって結婚を決められるわけでも、反対に、モテないからといって婚期を逃すわけではありません。では、そこに一体どんな違いがあるのでしょうか。
そこで今回は、「結婚を決められる女」・「決められず婚期を逃す女」。その違いを考えてみたいと思います。

目次

1.理想を求めすぎない


結婚を決められる女は、理想と現実の違いをちゃんとわかっています。相手のスペックに対してはもちろんのこと、結婚生活に対しても理想を求めすぎてはいません。最低限クリアしたいラインは誰にでもあると思いますが、あまりにも高い理想ばかりを求めていては結婚が遠のいてしまうことをわかっているのです。
そもそも、自分の理想通りの相手はこの世界に存在しません。当たり前のことかもしれませんが、女が心の奥底で抱いている「白馬の王子様との結婚したい」という願望を捨てきれるかどうかは、大きなポイントです。

2.妥協ができる


いくら好きな人とはいえども、長く一緒にいると意見の違いもでてくるもの。そんなとき、自分の意見を貫き通すのではなく、2人が仲良くいられるために妥協ができるかどうか。それが、結婚できるかできないかに大きく関わってきます。
結婚ができる女は、自分の思い通りに物事が進むことを優先するよりも、ときには妥協をし、2人にとって1番良い方法を探し出そうとします。
反対に、結婚を決められない女は2人のことよりも自分を優先してしまうため、ケンカにもなりやすく、結果的に結婚相手から除外されてしまうことに。
自分の考えを持つことは大切なことですが、男女問わず、あまりにも頑固すぎると結婚から遠ざかってしまいます。強すぎる自我はときとして邪魔になることがあります。

3.結婚に対してポジティブ


結婚できる女は結婚に対してポジティブな考え方をすることできます。たとえば、「結婚したら一生一緒にいられる!」「家族が増えて楽しくなる!」など、結婚と幸せをイコールで結び合わせることができます。だからこそ、恐れることなく結婚に踏み出せるのです。
それと比べ、結婚を決められない女は、結婚に対してどうしてもネガティブな考えが付きまとっています。たとえば、「不倫されたり、離婚になってしまったら……」「義理親とうまくいかなかったら……」など、まだ起きてもいない結婚生活の不安ばかり想像しまいがち。
結婚が幸せなことばかりではないことだとはわかっていても、必要以上に悲観的に考えていては結婚することはできませんよね。

まとめ


結婚は女の人生にとって大きなターニングポイントです。結婚に夢を見ることも、失敗したくないからといって慎重になってしまうことも仕方ないですが、まだ起きてもいない問題を不安に思うよりも、「問題が起きたらそのときに考えればいいや」と、楽観的な考えを持つことも必要。
結婚に対しての意識をほんの少し変えるだけで、「結婚を決められず婚期を逃す女」から「結婚を決められる女」になれるものです。
(遠矢晶子/ライター)

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ