日テレ佐藤真知子アナが“歌手デビュー”「頂いたチャンスに感謝」


日本テレビの佐藤真知子アナウンサーが歌う「Starting Point」が13日、配信リリースされ、歌手デビューを果たした。

この楽曲は昨年10月から、佐藤アナがMCを務める同局の番組『イントロ』(毎週日曜25:25~、月~木曜24:54~)のテーマソングとして使用。

様々なジャンルのクリエイターをゲストに迎える同番組だが、振り付けユニットのCRE8BOYがダンスを考案し、TikTok Japanの宮城太郎氏に促されてダンス動画をTikTokに投稿し、ライブペインティングパフォーマーの近藤康平氏が収録中に描いた絵をジャケットに採用するなど、番組と連動する形で作品ができあがっていった。

学生時代にはミュージカル部に入り、声楽も習っていたという佐藤アナは、自身のInstagramで「デビューなんて本当に恐れ多いのですが、頂いたチャンスに感謝して、心を込めて歌いました!」とコメント。

モリモトナオユキ氏が作詞・作曲を手がけたこの曲は、「ゴールは見えない まだまだ見えない 四六時中ほら四苦八苦してる そんな私を見守ってくれる あなたがいるから走れる 終わらない夜に また空を見上げれば 星が光っている」という歌詞が象徴的で、佐藤アナは「誰かの背中を押すきっかけに。私からのエールが、沢山の方々に届くことを願っています」と呼びかけた。

YouTube日テレ公式チャンネルでは、ミュージックビデオが13日のリリースに先駆けて公開されており、SNSでは「まっちーの歌声いいじゃんよー!」「素敵な歌声と曲でジーンときました」とコメントが寄せられている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ