【難読】“おもしい”じゃない! 「思しい」の正しい読み方



本や資料で見かけることがあるけれど、正しい読み方や意味が分からずスルーしてしまっている言葉ってありませんか?

社会人として、知らないまま恥をかくような場面には遭遇したくないですよね。

今回考えるのは「思しい」の読み方です。

おもしい? 違和感があるけれど、他の読み方が思いつかない! まさか、“こいしい”? そんな葛藤をしたら、ぜひ答えをチェックしてみてくださいね。

■「思しい」の読み方は?

思い出、相思相愛などの言葉に使われる「思」という漢字。一般的には、“おも”、“し”という読み方を覚えている人がほとんどでしょう。

「思う」という漢字に「しい」の字をつけて、 “こいしい”と読んだら、少しロマンチックですよね。でも、これも違います。

気になる読み方の正解ですが……。これ、実は“おぼしい”と読みます。

■「思しい」の意味と使い方

『デジタル大辞泉』によれば、「思しい」の意味は以下のように解説されています。

おぼし・い【▽思しい/覚しい】

[形][文]おぼ・し[シク]《「おもほし」の音変化》

1 (「…とおぼしい」「…とおぼしき」の形で)…と思われる。…のように見える。「犯人と―・い男」

2 こうありたいと望まれる。希望している。

「―・しき事言はぬは、げにぞ腹ふくるる心地しける」〈大鏡・序〉

つまり、推定される、といった意味合いで「思しい」という言葉を使います。

耳馴染みはあまりないかもしれませんが、刑事ドラマやニュースなどで「犯人と思しき男が~」なんて言っているのを聞いたことはないでしょうか。

■読めない漢字はきっとまだまだたくさん

あなたは「思しい」を正しく読むことはできましたか?

きっと世の中には、あなたが知らない言葉、漢字がまだまだたくさんあります。見慣れている漢字も、送り仮名によって読み方が想像できなくなるものも多いですよね。

普段見慣れている漢字も、調べてみると知らなかった意外な読み方があるかもしれません!

(ななしまもえ)

当記事はマイナビウーマンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ