スマホカメラで撮影のクオリテイを上げたい人におすすめ。『三脚一脚兼用 Bluetooth自撮り棒』【今日のライフハックツール】


何と言ってもスマホカメラは、手軽に撮影できるのが特徴ですよね。

でも、外出時はもちろん、フリマアプリで映える商品写真を撮影したいときなど、しっかり固定して、構図にこだわった写真が欲しくなることもあるでしょう。

そんなときに役立つのが、コンパクトで軽量の『三脚一脚兼用 Bluetooth自撮り棒』。サッと取り出して撮影でき、自撮り棒としても使えますよ。
20201222_tripodstick_01
Image: Amazon.co.jp

アルミ合金製なので、安定感が期待できるところは、見逃せないポイントの1つ。

また、三脚スタイル時の最大高は約86cmということなので、撮影の幅も大きく広がるはずですよ。

気になる弱点としては、一般的な三脚と違って脚部で水平調整することができないので、自立できないレベルの傾斜地では使用が難しいところが挙げられますね。

でもネック部分が自由に回転できるので、自立さえできれば、水平の取れた撮影ができると思います。
自撮り棒 bluetooth スマホ 自撮り 棒 セルカ棒 ミニ三脚 スマホ スタンド 自 撮り 棒 携帯 三脚 一脚兼用 8段伸縮可能 軽量 折りたたみ 持ち運び便利 ビデオカメラ 卓上三脚 ワイヤレス スマホ 三脚 リモコン付き  iPhone 12/11/11 Pro/11 Pro Max iPhoneX iPhone8 iPhone7/Android スマホに対応
自撮り棒 bluetooth スマホ 自撮り 棒 セルカ棒 ミニ三脚 スマホ スタンド 自 撮り 棒 携帯 三脚 一脚兼用 8段伸縮可能 軽量 折りたたみ 持ち運び便利 ビデオカメラ 卓上三脚 ワイヤレス スマホ 三脚 リモコン付き  iPhone 12/11/11 Pro/11 Pro Max iPhoneX iPhone8 iPhone7/Android スマホに対応
2,398円

20201222_tripodstick_02
Image: Amazon.co.jp

Bluetooth接続でシャッターを切れる充電式のリモコンは、本体から取り外しできる仕様。

離れたところからシャッターを押せるので、自撮りはもちろん、人影を見るとすぐに逃げてしまう動物などの撮影にも使えるでしょう。

iPhoneとAndroidに対応しているということですが、レビューによると、Androidの一部機種ではスマホ側のシャッターボタン割当を変更する必要があるとのこと。

ボタン割当が変更できない機種の場合、リモコンが使えない可能性もあるので、ご注意ください。
20201222_tripodstick_03
Image: Amazon.co.jp

格納時の長さは約19.5cmということなので、ポケットからは少し頭が出るかもしれませんが、持ち運びが問題になることは、ほぼほぼないでしょう。

もちろん、単にスマホを立てておくスタンドとしても、かなり優秀だと言えますよね。

こだわりの写真を撮りたい人も、要チェックだと思いますよ。

あわせてチェックしたいアイテム
三脚 スマホ三脚 リモコン付き ビデオカメラ 一眼レフカメラ ミニ三脚 さんきゃく 3WAY雲台 4段階伸縮 360回転 収納袋付きiPhone/Android スマホ等対応…
三脚 スマホ三脚 リモコン付き ビデオカメラ 一眼レフカメラ ミニ三脚 さんきゃく 3WAY雲台 4段階伸縮 360回転 収納袋付きiPhone/Android スマホ等対応…
2,399円

Ulanzi MT-08 カメラ三脚 ミニ三脚 卓上三脚 自撮り棒 ビデオ VLOG三脚 3段伸縮 持ち運び便利 360°回転 RX100 M1-M6 A6400 A6500 A6600 Canon G7X Mark IIIなどのカメラに対応
Ulanzi MT-08 カメラ三脚 ミニ三脚 卓上三脚 自撮り棒 ビデオ VLOG三脚 3段伸縮 持ち運び便利 360°回転 RX100 M1-M6 A6400 A6500 A6600 Canon G7X Mark IIIなどのカメラに対応
2,080円


あわせて読みたい

Source: Amazon.co.jp

Image: Amazon.co.jp

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ