【交際0日婚】って不安だらけ…4つのデメリットをチェック!

ハウコレ



彼氏彼女の形から結婚するのが普通と思っていると、交際0日婚には様々な不安があると思ってしまいませんか?しかし、今は交際0日婚をして「交際0日です!」と宣言する人もいますよね。

確かに、交際0日婚にはそれなりのメリットもあります。しかし、不安がないわけではないですよね。今回は、デメリットに目を向けてみましょう。

結婚となるとワクワクして浮き足立ってしまうものですが、デメリットにも目を向けて冷静な気持ちを保つのも大事ですよ。

■知らない部分が多すぎる
お互いに知らなかった人とよく知らないまま結婚になると、「どんな性格?」「何が趣味?」などのように知らない部分が多すぎて不安になりますね。

1から知っていく楽しさもありますが、結婚生活をしながら相手を1から知るというのはかなりの労力を使います。仕事も家事もしなければならないのに相手のことも知らなければならないので時間が足りないとも感じるでしょう。

また、知らない部分の中に「相手が何をしたら怒るか分からない」という怖さもあります。ここが分からずに地雷を踏んで喧嘩をしてしまうこともありそうですよね。

■幻滅しがちになる
結婚に舞い上がり、これからの生活にワクワクしている状態なのに、いざ生活してみると意外な部分を知るようになりますね。そこで幻滅することもあるのです。

付き合う期間があれば、幻滅する部分も受け入れての結婚になるため、結婚生活の中で何度も幻滅したり、わざわざ相手に余計な期待をすることもないでしょう。

しかし、知らない相手となるといつの間にか期待したり、素敵な生活を思い描いたりするものです。そのため、幻滅したときのギャップの大きさに気持ちが萎えることもあるでしょう。

■安心感がない
相手を知らないのに安心することはあまりないですよね。知らないことによる不安はあっても安心はほぼできないものです。それよりもドキドキのほうが勝つでしょう。

安心感がない結婚生活となると、お互いにあまり心休まることができないのが問題ですよね。家に居心地の良さを感じなくなる可能性もあります。

どちらかというと、ドキドキが続くよりも安心できたほうがお互いにとっていいので、早いうちから安心感が持てないというのはデメリットになってしまいます。

■家族同士の絆も結ばれていない
今の時代で交際0日婚というのは、お互いの家族もびっくりするでしょう。「相手がどんな人か分からない。」「どんな家庭で育ったのかも読めない。」と不安にさせるはずです。

また、情報がない分、家族同士の絆が結ばれていない状態で結婚になりますよね。どうしても結婚となると家族間の仲が良いほうがいいので、そこの絆が構築できていないのはデメリットになります。

これから作っていけば問題ないようにも感じますが、やはり最初から絆ができているのとできていないのとでは何かが違うと思うことがあるでしょう。

■交際0日婚にはそれなりの難関もある
交際0日での結婚なので、やはり色々と不安要素があります。しかし、それでも結婚すると決めたなら気持ちを貫いて幸せを作っていきたいですね!(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ