「昨晩、お父さんが2人いたの――」 平凡な一家を襲う怪異を描いた韓国発スリラー『メタモルフォーゼ/変身』予告編[ホラー通信]

ガジェット通信



韓国で大ヒットを記録したスーパーナチュラル・スリラー『メタモルフォーゼ/変身』が日本上陸。ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催される映画祭「未体験ゾーンの映画たち2021」にて1月22日より上映される。



とある一家が、新居に引っ越してから奇妙な現象に襲われるようになる。時折感じる不気味な気配、突然別人の様に豹変する家族、そして隣人がおこなっていた“おぞましい儀式”。異常な出来事の連続に、一家の精神状態は極限に達していた。一連の怪異に人外の存在を感じ取った父親は、神父として働いていた弟のジュンスに助けを求める……。

予告編では、怪異によって追い詰められていく一家、そして彼らを守るために“絶対的な悪”と戦うこととなる神父ジュンスの姿を見ることができる。「もう家に入り込んでいる」「絶対に信じるな」というセリフが、恐るべき展開を予感させる。

予告編が表示されない方はこちら

ジュンスを演じるのは『ザ・キング』や『スウィンダラーズ』など数々の作品で名脇役として知られるペ・ソンウ。そのほか、『安市城 グレート・バトル』ソン・ドンイル、『未成年』キム・へジュンら人気俳優が顔を揃える。監督は、『共謀者』『技術者たち』のキム・ホンソン。長編4作目となる本作は、韓国で初登場No.1を飾り、観客動員数180万人を突破する大ヒットを記録した。

『メタモルフォーゼ/変身』

1月22日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷「未体験ゾーンの映画たち 2021」にて公開

監督:キム・ホンソン 『技術者たち』 脚本:キム・ホンソン、キム・ヒャンジ

出演:ぺ・ソンウ『ザ・キング』『スウィンダラーズ』、ソン・ドンイル『安市城 グレート・バトル』、チャン・ヨンナム『ある母の復讐』、キム・ヘジュン『未成年』

2019/韓国/5.1ch/113 分/字幕翻訳:只腰敦子/原題:변신(英題:METAMORPHOSIS)/PG12/配給:クロックワークス

(C) 2019 ACEMAKER MOVIEWORKS & DANACREATIVE CO.,LTD. All Rights Reserved.

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

当記事はガジェット通信の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ